スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年01月29日

SATマガジンに驚いた!w

えー、、、プライベートでちょいと厄介な事が進行中でして間が空いてしまいました。。。。


でもって、久しぶりに本屋に寄ってみまして、珍しく雑誌を3冊ほど買ってみました〜の巻。


まず驚いたのが皆様おなじみの「ストライク・アンド・タクティカルマガジン」です。知らぬ間にミリタリー雑誌とは思えない斬新な表紙にリニューアルされており、いつからこんなにカッコ良くなっちゃったの!?という感じです。内容やレイアウト、紙質も後期のPXマガジンを思わせるような「オトナ向け」になったイメージです。まぁ一般向けのいわゆるミリタリー・ファッションとしての雑誌などでは従来からこのような切り口も存在しましたが、まさかマニア向けの内容でこのビジュアル展開はPXマガジン以来の衝撃ですw 個人的に嫌悪感を覚えるタクティカル・コスプレ女やロリコン萌えキャラなどが無いのも非常に好感触です♪(あくまでも個人的な意見ですw)CDやレコードで「ジャケ買い」という言葉がありますが、雑誌で「表紙買い」したのはこれが初めてかも?w やっぱアートディレクションやグラフィックデザインって重要だよなぁ〜と思いつつ嗜好が分かれる部分でもありますので、このリニューアルは読者層をガラッと変える可能性があるような気もします。来月号が楽しみです〜♪


そして航空ファン特別編集の「米海軍航空パッチ&フライトジャケット」です。まぁこの手の書籍は多々持っているのですが、米海軍だけを特集したものは少ないかもしれませんね、、、って事で資料としてお買い上げ♪ 空母エンタープライズ退役記念のパッチ付きです。


こちらは「RACERS」のスズキRGV-γ250です。やっぱNSRやTZRよりもガンマの方がカッコイイよなぁ。あ、カワサキのKR-1というのもありましたが、パラ2のTZRモドキKRなんて私は認めませんw やっぱタンデムツインのKR250かウルフ250が欲しいですねぇ。。。



Bobby Caldwell - Special to Me(1978年)
今夜はオサレにボビー・コールドウェルでも♪
  


Posted by アカトラ  at 20:37その他

2014年01月18日

ナム戦オリジナルパッチ販売開始しました♪

ベトナム戦争時のオリジナル・リプロパッチを販売開始致しました。16点を一気にアップしましたので、何らかの不備などがあるかもしれません。お気付きの点がございましたらご一報下さいませ。しかし一気に16点(実質21点)アップはさすがに疲れるな、、、w




ベトナム戦争時によく見られるコットンサテン生地をベースにした簡易型のSSI(部隊章)と徽章類です。SSIは第1歩兵師団のみフルカラーになります。生地は60年代当時のコットンサテン生地(OG-107/実物デッドストック品)を使用しておりますので、現在一般的に流通しているポリエステル混合の生地とは違い、使い込む度に当時の雰囲気をお楽しみいただけるかと思います。U.S.ARMY & ネームテープは生地を折り込んで作られた戦時簡易型ともいえるタイプで、職人さんによる横振りミシンで当時の雰囲気を再現しております。




ベトナム戦争時にローカルメイド品などで存在したグリーンリーフ・ベースのSSI(部隊章)と徽章類です。SSIとテープの生地は厚手のコットン製で、リプロ品になりますが色調/雰囲気などは非常に良好です。リプロ品のグリーンリーフ・ジャケットを分解して使用しておりますので、一部にステッチ跡などがある場合がございます。戦闘歩兵章(CIB)と空挺降下章は色落ちの少なめな実物グリーンリーフ生地(リップストップ)を使用しております。


シェルターハーフテント用のストラップを流用して作られたミッチェルパターンのU.S.ARMY & ネームテープで、ストラップは当時の実物デッドストック品を使用しております。こちらも職人さんによる横振りミシンで一枚一枚手作業にて製作しております。


上記アイテムは当店 <エフイー・ミルサープ>にて販売中♪



Wiki Wiki - I'm In You (Extended Version)(1989年)
たまには哀愁系でも〜♪ 実はユーロビートには「哀愁系」というジャンルもあるのですw
  


Posted by アカトラ  at 19:28

2014年01月15日

気分はマイケル・ビーンw

えー、、、以前に告知致しました当店オリジナルの「ナム戦リプロ・パッチ」ですが、発売時期のお問い合わせなどもいただいておりますが、年末年始を挟んだ事もあり、まだ商品が完全に揃っていない状況でございます。いましばらくお待ちいただけますと幸いでございますー。


某仕入先にてやっかいなアイテムを見つけてきましたw 海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」の士官用制服上衣です。袖のラインが均等2本の大尉です。しかしまぁ、こういったアイテムは値段の付け方が非常に困りますが、そのうちエフイー・ミルサープにて販売致します〜w


上が特殊戦章、下が空挺降下章で、中央には略綬が並びます。略綬は2個が欠落しているようですが、左上は「優秀部隊表彰」、左下は「海上作戦参加章」、中央は「ライフル射撃優秀表彰」で、「ライフル射撃優秀表彰」には抜群の優秀射撃手を示す「シルバーE」が付いております。


DAVIS CLOTHING CO. はコロラド州にある洋品店のようなので、同じくコロラド州にあるピーターソン空軍基地の連絡将校なのかもしれません。ピーターソン空軍基地には北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)やアメリカ北方軍の司令部などが所在しています。


シールズの大尉といえばやはりマイケル・ビーンですねw そーいえば先日、ミリタリーイベントの「ブラックホール」に行ってきました。お目当ては「セスラー」さんでして、図面にも掲載されていたのですがなぜか当日(初日)は来られていませんでした、、、うーむ残念 orz



SOUL'd OUT : 「TOKYO通信 ~Urbs Communication~」
当方的にいわゆる「ヒップホップ」というものは洋邦問わずあまり好みではないのですが、80年代テイストの「SOUL'd OUT」は結構お気に入りなんです♪んんん〜カッコイイ!
  


Posted by アカトラ  at 21:50衣類

2014年01月11日

銀狼

当方の古くからの友人である「銀狼(ぎんろう)」君がシルバーのアクセサリーを作っておりまして、ゆくゆくはブランド化してネット販売もしたいらしいのですが、何ぶん本業の合間に製作しているのでなかなか進まないらしいです。でも今年はちょいと気合いが入っているようでして、、、俺も一枚噛んで「ピンハネ」する予定なんだから早く量産して下さいw お互いに幸せになろうじゃないか!なれれば、なれることなら、なれたらいいな、、、w


ドラゴンのネックレスです。当方はこういったモノに関しては素人なので何とも判断がつかないですが、素人目から見てもこのウロコなどの緻密さは凄いんじゃないかと思うのです。


「銀狼」だけに狼のシルバーリングです。こうやって友人の広報をしている割に、当方はリングやネックレスなどは付けないタチだったりするのですが、、、ま、アトピー持ちですしw


馬&イナズマのネックレスとファイヤーパターンのリングのようです。このイナズマは、、、なんだか刺さりそうで危険じゃないのか?w PL法もちゃんと読んでおいて下さいねw



GUITAR WOLF - Kaminari One
そんな銀狼さんから「銀狼」イメージの一曲をリクエストいただきました♪
  


Posted by アカトラ  at 19:40その他

2014年01月08日

あけすぎましておめでとうございました

今さらながら、、、あけすぎましておめでとうございました。。。これといってネタも無いのですが、トップが年末のままなのも問題アリなので無理矢理更新する事にしましたw


ノンリップ3rdタイプのジャングルファティーグジャケットで、徽章などがジャケットに直で刺繍されているオサレ士官仕様です。すべて手刺繍によるもので、アルファベットや中尉の階級章はともかく、工兵科の徽章はデザインが非常に緻密で職人技が要求されますね。


在ベトナム米陸軍所属の工兵中尉です。ジャケットはMEDIUM-REGULARでコントラクトナンバーはDSA 100-67-C-3154、コントラクター(製造受注会社)の表記はありません。


在ベトナム米陸軍のSSI(部隊章)も手刺繍のローカルメイド品です。ちょっと仕様は違いますが、同様のリプロ品を当店エフイー・ミルサープにて販売中でございます〜♪
在ベトナム米陸軍サブデュードパッチ/手刺繍ローカルメイド/リプロ品[PUA-393]

ちなみに「いつもシュールなブログで楽しませてもらってます。また行きますよ!」とのコメントが入った年賀状をいただいたのですが、差出人の情報が全く書かれておりませんw たぶんウチの事務所に来た事がある方だと思うのですが、、、誰なんでしょう?ご連絡下さいw


しかしまぁ、、、今では年賀状だけの付き合いになってしまった旧友からの年賀状なんかを見ると、当時の空気感というか青春の匂いを思い出しますねぇ。みんな元気かなぁ?もう完璧にオッサンだろうなぁ。とてつもなく昭和な写真ですが当方は当時からグリーンリーフですw



1986年を覚えていますか?
  


Posted by アカトラ  at 23:31衣類