スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年04月23日

F-15 テールフラッシュ

現在、本業の方がゴールデンウィーク進行でありまして、この土日も事務所で仕事中なのですが、その合間を縫ってコレクションのプラーク整理もしております。。。


コチラは沖縄/嘉手納基地所属の米空軍/第44戦闘飛行隊のテールフラッシュ。左より#470, #482, #544。木製でF-15戦闘機の尾翼の形になっています。事務所内に飾りたいのですが地震で落下しそうなので怖くて飾れません・・・(笑&汗)


以前に嘉手納基地に所属していた米空軍/第12戦闘飛行隊のテールフラッシュ。左より#493, #504。44FSと12FSは所有しているので、ぜひ67FS(第67戦闘飛行隊)のテールフラッシュも欲しいところ、、、でもなかなか出回らないんですよね。。。


ちなみに本日発売のロードライダー6月号に当方の「スズキGS1200ss 改」が掲載されております♪ でも、、、フロントホイールがGSF1200からの流用となっておりますがGSX1400の間違いであります、、、でもってフロントの6ポットキャリパーもGSX-R1000ではなくGSX1400なんですー(笑&汗)今回はオマケ付きなのでビニールパッケージされており書店での立ち読みはできません、、、ぜひお買い求め下さい〜(笑)
  


Posted by アカトラ  at 19:56プラーク・コイン

2011年04月22日

最後の砦

最近は余震も少なくなってきたようですが、それでもたまに震度3前後の地震が起きている東京地方であります。「再び東京に震度5以上の地震が来るのではないか?」などというウワサもあるようですが、震源があっちこっちに飛び火して大きめの地震が起きている現状を考えると、単なるウワサとして片付けられないのも実状ですね。。。


我が家の最後の砦、 MREレーション×2箱(24食分)と保存水2L×6本(5年間保存可能)

まぁ地震自体は数分の事なのでその間を何とか耐え凌げばいいですし、当方の住んでいる地域は高台なので津波の心配もまず無し、火災も鉄筋コンクリートのマンションなので延焼はしないでしょう。問題はその後なのです。電気・ガス・水道などのライフラインの遮断と、パニックによる食料品などの買い占めです。先日の地震でも東京はさほど被害は無かったものの、その後の集団心理による食料品/日用品の買い占めでコンビニ/スーパーから物が無くなるという事態になりました。当方は一人暮らしでほとんどを外食に頼っているので一抹の不安も感じましたが、幸いな事にレストランや牛丼店、ファーストフード店などはほぼ通常通りの営業をしていたので食事に困るということはありませんでした。しかしながら、もしそういったお店も地震の影響で営業ができなくなった場合には非常に深刻な事態となります。さらにライフラインも遮断された場合、もはや大都会のど真ん中でのサバイバル生活を覚悟しなければなりません。私がMREレーションの封を切らねばならなくなった時には東京は完全に機能を停止していることでしょう。。。マニアの間ではMREレーションを好んで食べる方々もいますが、できる事なら私は食べたく無いなぁ。まぁ地震というものは準備しているとなかなか起きない、、、と思いたい(笑&汗)

という事で、あくまでも当方の視点(都心のマンションで一人暮らし、春〜夏)での必要最低限の震災準備品をリストアップしてみました。やはり重要なのは水と食糧そして情報ですね。とはいえ、当方が下記のすべてを揃えているというワケでもないのですが。。。

●電気遮断
懐中電灯&電池もしくはロウソク&ライター等の照明器具/電池式ワンセグテレビまたはラジオ&電池/電池切れの際の手回しラジオ/携帯電話用手回しバッテリー

●ガス遮断
カセットコンロ&ガスボンベ/ナベ・ヤカン

●水道遮断
保存水/ウェットティッシュ/簡易トイレ(凝固剤)/ポリタンク(自衛隊などによる給水時用)

●食糧・飲料
ミネラルウォーター・ソフトドリンク/インスタント&レトルト食品・缶詰/非常食(保存可能品・MREレーション)

●日用品
箱ティッシュ・トイレットペーパー/ガソリンは常に満タンに

そして、、、できる事なら常にバスタブに水を張っておきたいですね。生活用水に使えるのはもちろんですが、最近の夏の暑さは尋常ではないので電気が止まってエアコン/扇風機などが使用できないと熱中症に陥る事も考えられます。そんな時にザブンとバスタブに飛び込めばぬるま湯であっても少しは体温を冷却できるハズです。
  


Posted by アカトラ  at 21:07アカトラ

2011年04月19日

ALPHA 50周年記念本

ALPHAの50周年記念の書籍(洋書)を買ってみました。


最近ではアルファと聞いちゃうと、あまりにも民間向け製品ばかりが氾濫しているもので「ニセモノ、パチモン、粗悪品」的なイメージが強いのですが(私だけ?w)、元々はれっきとした軍納入メーカーとしての歴史と実績がある凄いメーカーなんですよね。。。まぁ、軍納入品と民間向け製品とのクオリティの差があまりに大きく、そういった面でイメージを落としてるような気がしないでもない、、、(笑&汗)

ちなみにこの本、現時点ではアマゾンで取扱っていない模様。私は福岡のWIPさんで購入しましたが、もう売り切れみたいですね。。。次は東洋のスカジャン本が欲しいなぁ。

日本未発売 ALPHA アルファ STORY BOOK(W.I.P ~waiper~)



本日は極東ミルサープの方に現役の自衛官様からご注文が入りまして「私達の仕事に敬意を持って頂けることに深く感謝するとともに大変励みになっております」というお言葉をいただき非常に感激してしまいました(涙)長渕もグッジョブだぜ〜(日本万歳!)つーか和田アキ子の「万歳???」がなんか気に入らん、、、ま、しょーがねーか(笑&汗)
  


Posted by アカトラ  at 20:14その他

2011年04月18日

実物マルチカム・ジャケット

さて、昨日の続きになるのですが、、、バイクショップの帰りに上野の中田商店さん(御徒町店)に寄ってきました。


最近マルチカムのジャケットが欲しくなりましてね、、、そーいや中田商店さんに行けば「PROPPER」と「TRU-SPEC」の両方のタイプがあるので、店頭で見比べてどちらかを購入しようと思ったわけであります。そして中田商店さんの御徒町店でいろいろ物色していると、、、「うん?このマルチカムはなんだろ?」ってな感じで手に取ってみると、なんと!実物放出品のマルチカムではありませんか。でもってPROPPERやTRU-SPECよりも安い¥6,500!さらにイレギュラー品とはいえほぼ新品状態!これはもう即買いでした。。。ちなみに店員さんに聞いてみた所、極少量だけ入荷した物らしくトラウザーはすでに完売、ジャケットの在庫もあと僅かとのことです。改めてホームページを見てみると、私の購入したSMALL-SHORTサイズはすでに売切れ、、、おぉ〜あぶね〜〜〜。つーか今頃気付いてるのは俺だけなんだろーか?(笑&汗)


実物放出品マルチカム・ジャケットのラベル。コントラクト・ナンバーは W91CRB-08-D-0043 で AMERICAN APPAREL 社製。ついでなので店頭にて「実物」「PROPPER」「TRU-SPEC」の3種類を軽く見比べてきたのですが、やはり実物は造りが違いますな〜。詳細にはチェックできませんでしたが、生地の風合いも違えばベルクロの色やオス側も仕様なども異なっており、その他各所で違いが見受けられました。

米軍実物マルチカモ ジャケット(中田商店)


でもって、、、前々からグリーンリーフ・ジャケットの「実物で状態良好、色落ち少なめ、サイズはSMALL-SHORTでUSMCスタンプ無し、金額は¥6,000前後」ってのを探していたのですが、これだけの条件に合う物はなかなか出てこないので、もう中田商店さんのSessler製にしようかなぁと考えていたのですが、昨日中田商店さんに行ってみるとそのグリーンリーフ・ジャケットは数点が店頭に掛かっているのみでSMALL-SHORTサイズも見当たらない。。。あら、もしかして在庫が少なくなってきているのかしら?と思い、店員さんに聞いてみると「まぁ、それなりには少なくなってきてますね〜」との事。これはマズイかも!って事でSMALL-SHORTを探してもらいその場で購入。ミリタリーアイテムは「ある時に買っとけ〜」ってのが鉄則ですよね(笑)でもこのグリーンリーフ・ジャケット、作りは非常に素晴らしいのですが、欲を言えばリップストップの縞模様がちょっと強すぎなんですよね、、、この部分さえ何とかなればさらに完成度が高くなるのですが。。。まぁ、とはいえ実物の代用品としては十分なクオリティです。
  


Posted by アカトラ  at 21:06衣類

2011年04月17日

バイクネタ@KENZ SPORTS

久しぶりにバイクネタを。。。


本日はバイクのカスタムの打合せで埼玉県三郷市のケンツさんにお邪魔しました。元々は東京の杉並区にあったショップなのですが、2007年に埼玉県の広大なファクトリーに移転しまして業務内容もさらに充実!、、、でもまぁちょっと遠いですやね・・・(笑&汗)


現在、私のGS1200ssは車検を完了してついでにハンドルを交換。今後はホイール/タイヤ/スイングアームのカスタム予定でして、その辺の打合せをしてきました。ん〜季節的に「バイクに乗りたいモード」なのでスイングアームは後回しになるかもなー。


スープアップ製フルアジャスタブル・セパレートハンドルを装着。まぁ元々そんなに前傾姿勢がキツいバイクではないのですが、なにぶん今年で43歳の身には少々厳しくなってきたので、高さと垂れ角を若干上げました(汗)ほんの若干ですけどね・・・(笑)


ケンツさんのGSX-Rレーサー。なんといってもケンツさんの社長は全日本ロードレース選手権に出場経験があるレーサーでもあり、さらにチームとしては2000年代に北川圭一選手のライディングによりチャンピオンも獲得している凄〜いショップなのです。


ケンツ・カスタムのカタナとTL-R。ちなみに私のGS1200ssのカスタム担当はチーフメカニックの藤澤さん。なんと!ヨシムラやスズキのワークスチームにも在籍していた経歴があり、ケニー・ロバーツ(ジュニア)のGSV-Rも担当していた凄〜いお方であります。


まぁ予算が潤沢にあるってワケでもないので、極力お金をかけずにカッコ良く〜(笑&汗)などと言うと、大概のカスタム・ショップさんは嫌な顔をするのですが、ケンツさんはお客のニーズに合わせたカスタム&アドバイスをしてくれるので非常に助かります〜♪

KENZ SPORTS
  


Posted by アカトラ  at 22:21アカトラ