2007年08月30日

リーフパターンの謎、再び・・・

またもや謎のリーフパターンを入手してしまいました。。。
一体、リーフは何種類あるのでしょうか?


上下で入手できましたが、ジャケットがLARGE-LONG、
トラウザーはSMALL-REGULARになります。
トラウザーの方が若干、状態が良いでしょうか。。。
色味的にはブラウンリーフやLC-1リーフというよりも、ウッドランドに近いようです。


左がジャケット、右がトラウザーのラベルになります。
どちらもDLA-79のS.W.I.-U.S.A.社製ですが、
発注年度(この場合は79)の後ろにつく記号1文字が「S」になっています。
当方の所有するERDLタイプやLC-1タイプはすべて「C」になっており、
この「S」や「C」が何を意味するものかは当方でも確認できておりませんが、
イレギュラー的な物である可能性が高いのではないか?とも思われます。
ちなみにウッドランドのBDUタイプなどは、DLAの途中から「D」になるようです。


それではジャケットのディティールを見ていきましょう。
ポケットはLC-1タイプと同じく角形のセンターにスリットが入ったタイプですが、
背中の肩部分はLC-1タイプのような2重の補強はされておらず、
BDUタイプのように1枚のみとなっております。
その他、ステッチの縫い方などが、どちらかといえばBDUタイプに近いようです。
ちなみに初期(2nd)のBDUジャケットにはウエスト・タブが付いておりましたが、
このリーフには付いておりません。


トラウザーのディティールですが、サイドのカーゴポケットは
スリット1本のLC-1タイプではなく、大型のBDUタイプ(フラップが平行)に近く、
裾のドローコードもERDLタイプやLC-1タイプに見られるコットン製の丸紐ではなく、
BDUタイプのナイロン製の平型になっております。
今後採用されるであろうBDUタイプの要素が多分に入っているようです。


あまりアテにはなりませんが、色味の比較です。
左がLC-1リーフ、中が今回の謎リーフ、右がウッドランドになります。

以上、謎リーフのご紹介でした。
たぶん・・・LC-1タイプからウッドランドのBDUタイプへ移行されるまでの過渡期に
試験的に使用されたものではないか?と推察しますがいかがでしょうか?
さて、この謎リーフのネーミングはどうしましょうかね(笑)
とりあえず「LC-2リーフ」とか・・・(汗)

※文中の表記についてですが、非常にややこしいのですが、
「ERDLタイプ」「LC-1タイプ」「BDU/BDUタイプ」は衣類の形状やタイプ、
「ブラウンリーフ」「LC-1リーフ」「ウッドランド」は
迷彩のパターンや色味を表します。




同じカテゴリー(衣類)の記事画像
本日の仕入れ〜
商品準備中〜&Tシャツ販売中〜♪
Tシャツ再生産
「ワン・セブン・スリー」タイガーストライプ
ゴーバッグ+アドミンポーチ
ドライ! ドライ! 理屈じゃない〜♪
同じカテゴリー(衣類)の記事
 本日の仕入れ〜 (2018-10-14 22:51)
 商品準備中〜&Tシャツ販売中〜♪ (2018-10-01 21:05)
 Tシャツ再生産 (2018-09-19 05:55)
 「ワン・セブン・スリー」タイガーストライプ (2018-09-03 19:41)
 ゴーバッグ+アドミンポーチ (2018-08-02 15:30)
 ドライ! ドライ! 理屈じゃない〜♪ (2018-07-27 20:25)

Posted by アカトラ  at 22:47 │衣類