2018年03月02日

ブラックアウト!ブラックナイト!

今年に入ってからは本当にいろいろな事が起こります。感情的、身体的、物理的に様々な事象、変化、影響があり、自分でももはや何が何やらよくわかりませんw

★★★★★


黒のMA-1ですが、、、本来はプレーンの状態で着ようかと思っていたのですが、やはり「パッチ付けたい病」が発症してしまったようですw つー事で黒といえば1980年のイーグルクロー作戦で黒のM65フィールドジャケットを着用していた「デルタフォース(第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊)」が思い浮かびますが、今回は90年代仕様で黒のMA-1を「デルタフォース」仕様にしてみたいと思いますw


パッチはODのままの方がリアルといえばリアルなんですが、あまりにもパッチが主張しすぎるというか「浮いてしまう」ので、あえてレギュレーションを無視して黒染めする事にしました。染料は使い慣れている毎度毎度のタミヤ製アクリルカラーw 今回はMA-1がナイロン製なので通常の光沢ブラックにしてみました。こーやって並べてみるとODでも様々な色調が存在するのだと改めて感じますね。。。


つー事で溶剤を混ぜて、ある程度シャバシャバ状態にして染色開始です。ただこれだけではなかなか真っ黒にはならなかったので、一度乾かした上でさらに原液を重ね塗りしました。どーもポリエステル混合の生地には塗料が染み込みづらいようです。。。やはり基本的には専用の染色用染料を使用した方がいいですね。アクリルカラーは多めに5個を用意したのですが実際には4個を使用しました。


こんな感じで黒くなりましたが、さらにアイロンをかけると色が定着しそう(な気がした)ので、アイロンをかけて染色完了♪ なかなかいい感じではないでしょうか。あとはMA-1に縫い付けるだけです。MA-1は頻繁にクリーニングする事もないかと思われますが、もし色落ちした場合でも改めてアクリルカラーを塗るか最悪は油性の黒マジックで上塗りしてもいいかもしれませんw 何ぶん色が黒ですのでw


つー事で完成♪ 一見真っ黒でありながらよーく見るとパッチが付いているのが個人的にカッコイイと思うのですがいかがでしょうか?w 基本的なレギュレーションは守りつつも、実際には存在しない(と思われる)カスタムには賛否両論あるかと思われますが、あくまでも民間人のシティーユース用なのでこういった楽しみ方もアリじゃないかと思うワケです。マニュアル通りだけじゃ面白くないですしねーw


左肩は大尉の階級章とSPECIAL FORCESタブ、RANGERタブ、そして陸軍特殊作戦コマンドのSSI(部隊章)です。陸軍特殊作戦コマンドは1989年に創設されデルタフォースを隷下部隊としています。左胸には戦闘歩兵章(2nd)と空挺章(マスター)、U.S.ARMYテープ下には先導降下員章(パスファインダー)です。当初は戦闘空挺章にしようかと思っていたものの、手持ちが無かったので通常のマスターでお茶を濁しました。まぁどっちみち真っ黒けですしw スキューバダイバー章も付けようか迷ったもののバランスを重視して今回はスルーしました。


右肩は大尉の階級章と特殊部隊のSSI、そしてリバースではない米国パッチです。右胸にはドイツ連邦軍(1990年10月2日までは西ドイツ連邦軍)の空挺章と「MULLER」のネームテープです。右胸に外国軍のスキル徽章を着用できるのが何年までなのかが把握できていないのですが、1989〜1990年のパナマ侵攻時にはすでに着用していないように感じられます。従いまして陸軍特殊作戦コマンドの創設が1989年ですので、このドイツ連邦軍の空挺章の着用はレギュレーション的に無理があるかもしれません、、、でもまぁ、デカくてカッコイイでそ?w

★★★★★

ほぼ10年前の雑誌なんですが、ブックオフにて200円で買ってきましたw 実は近日中にTシャツなどにおけるプリントのデザインに関して、著作権・商標権・意匠権等の相談で弁理士事務所へ行くので資料として購入したのです。知的所有権関係は非常にグレーゾーンが多く、最終的には裁判をやってみないと判断がつかないという部分も多々ありますので、やはり専門家にアドバイスをいただく事にしました。米軍関係であれば、基本的には「パブリックドメイン」なので特に問題は無いのですが、民間企業や自衛隊などではいろいろと権利が絡みそうでして、大昔に自衛隊のTシャツを製作した際などにはやはり「ちゃんと許可取って作ってんのか!?」などのご指摘が数件ございました。まぁ、正式に防衛省/自衛隊から許可をいただいたワケではなかったのですが、一応は事前に防衛省(当時は防衛庁)に相談しまして最終的に販売をしても問題は無いであろうとの当方の判断により製作しました。防衛省職員といえども基本的には「お役人様」ですからね、、、公式に言える事と言えない事がある訳でして、その辺の経緯は企業秘密ですw

★★★★★


前回、「前編」だけを観てイマイチだったなぁと感じた映画「僕等がいた」ですが、一応は「後編」も観ておくか、、、と思い観始めたら「前編」とはうって変わってドロッドロの展開w もう釧路とかは関係無く普通に見入ってしまいましたw つーか生田斗真が毒親に翻弄され、人生も崩壊し精神的にやられていく様が予想外に自分とダブりましたねw まぁそれでも最終的にはハッピーエンドで終わるのですが、今年50歳の私には未だにハッピーエンドの「ハ」の字の左の棒すら見えませんw

★★★★★



Deep Purple : Black Night
黒(ブラック)といえばやはりコレですね、、、AlephのBlack outと迷いましたがw





同じカテゴリー(衣類)の記事画像
2-STROKE JUNKIES・Tシャツ/販売開始!
最近の珍しモノ?
モーターサイクル・Tシャツ/サンプルアップ
ワン・セブン・スリー「スカイソルジャーズ」
フルカラーパッチ付きユーティリティシャツ
まさかの「3.11」稲妻フェスティバル
同じカテゴリー(衣類)の記事
 2-STROKE JUNKIES・Tシャツ/販売開始! (2018-04-17 15:10)
 最近の珍しモノ? (2018-04-13 19:32)
 モーターサイクル・Tシャツ/サンプルアップ (2018-04-10 18:07)
 ワン・セブン・スリー「スカイソルジャーズ」 (2018-04-07 13:49)
 フルカラーパッチ付きユーティリティシャツ (2018-03-23 11:49)
 まさかの「3.11」稲妻フェスティバル (2018-03-11 23:08)

Posted by アカトラ  at 16:36 │衣類その他アカトラ