2017年04月24日

変わり種アイテム×2種と現実逃避

いろいろと問題山積なのでブログを書いて現実逃避ですw 晩飯はラーメンにしよう。。。

いわゆる「チャイナカラー」にカスタムされた? 6CデザートDBDUジャケットです。デッドストックの未使用品と思われますが、保管状態が悪かったのか右半身を中心に白く色落ちしている部分が多々ございます。コントラクトナンバーは「DLA100-83-C-0574」です。


襟がそんな感じなので、ポケットも移動させて湾岸戦争時のデルタフォース仕様にでも再カスタムしようか? とも思ったのですが、まぁそれなりに手間がかかるので止めましたw しかしテスト的なものなのか、兵士の好みでカスタムしたのか、、、何とも言えません。

何の変哲も無いタンカラーのBDUトラウザーです。一般的には民生品やレプリカ品と思われがちですが、こちらの個体は「官品」のようでコントラクトナンバーが表記されております。造り自体は通常のBDUトラウザー(コットン100%)と何ら変わりは無いようです。


コントラクトナンバーは「DLA100-87-C-0420」です。ただ名称に「WOODLAND」が入っているので、たぶんウッドランドBDUトラウザーの予算に入れ込んで作られた物ではないか? と推測しますがいかがでしょうか。。。2点共に後日販売予定でございますー♪

さて、、、オッサン集合〜w

本屋でこんな本を衝動買いw 当時コンポを持つ事はトレンデーでありまして、今で言えばテレビがPC、コンポがスマホという感じでしょうか? ラジカセネタはまたそのうち、、、w


上京後にバイトして買った初のコンポがこの「テクニクス SC-D 5000」です。当時のコダワリは一体型ではなく、いわゆる「バラコン」である事でした。今時「バラコン」と言っても意味不明かもしれませんが、要はアンプやチューナー、デッキなどがすべて単体で構成されている形ですね。ちなみにこの後に出た「SC-D 5500」からは「パナソニック」ブランドになったので、「テクニクス」ブランドの最終型になるのかもしれません。なぜ「テクニクス」だったのか、、、それはDJ用のターンテーブル「SL-1200」がテクニクス製だったからw

衝動買いその2w もうウチのブログなんて同世代のオッサンしか見てませんよね?w いいんですそれで、、、ギャルが見てたらそれはそれでおかしいですしw オッサン万歳!w


当時よく使用したカセットテープはこの「SONY Do」でした。クロームとしてはUCXシリーズの下になるようで比較的安かったように記憶しています。押入から発掘してきましたw

ちなみに当時は「千堂あきほ」が好きだったのでありましたw あぁあれから約30年。。。



ベッド・イン "C調び~なす!" (Official Music Video)
バブル世代はしぶといなw つーかジュリアナの頃はもうバブル崩壊してるんですけどねw
  


Posted by アカトラ  at 16:38その他アカトラ

2017年04月22日

WOLF250 カスタムちう

えー当店「エフイー・ミルサープ」ですが、暫定的に営業を再開致しました。ただ、、、状況によりましては再度一時的に休業となる場合も考えられますのでご容赦下さいませ。。。


当方のウルフ250ですが、現在納車前のカスタム中でして途中経過を見てきました。外装を全塗装した訳ですが、すでに約30年前のバイクなのでデカール(ステッカー)の「部品」がメーカー欠品なのです。なので、、、無い物は作るしかないっ!つー事で、タンクの「SUZUKI」はショップさんにお任せして、テールの「WOLF」は当方で作る事にしました。


車両の外装は塗装作業に入っていましたので、ヤフオクで中古のサイドカバー(¥500)を落札しましたw このデカールを元にロゴのサイズやバランス、抜き型の形状やリード文字のフォントなどを調べて、極力純正と同じ物を製作するのです。貼ってあるデカールはきれいに剥がす事は不可能で、さらに曲面ですのでそれなりの技術が必要となりました。


「WOLF」と「抜き型」はトレース、「リード文字」は似たフォントを加工して製作しました。微妙に異なる部分もございますが、プロの当方が「許容範囲」と判断するレベルなので一般の方にはほぼ判らないと思いますw 問題は印刷方法でして、純正と同様の透明フィルムにするか、いわゆる一般的な塩ビにするかが迷う所です。まぁコスト次第ですかね。。。


ホントはどーせ作るんだったらオリジナルのデザインにしようか? とも思いまして、このようなガンマ風のものも考えたのですが、バイクデカールの難しいところは「両サイドに貼っても違和感無く同じように見える事」でして、単純に反転して使用できないロゴ関係は難しい場合が多いのです。やはり純正のデザインはよく考えられているという事ですねー。


ついでにお遊びで「刀(カタナ)」のサイドカバー風な「狼(ウルフ)」ステッカーもデザインしたのですが、まぁこれは作るかどうかはわかりませんw 「娘」じゃないですよ!「狼」ですw


今回の車両購入&カスタムは北葛西の「オートショップ・ライジング」さんです。画像は社長の愛車「ホンダNS400R」ですが、他にも2スト車両が多々ございまして、絶滅危惧種な「2スト乗り」の皆様も安心して依頼できるショップかと思います。まぁ社長が当方と同世代なので、いろいろと説明しなくてもツーカーで理解してくれるのがありがたいですw

株式会社オートショップ・ライジング(GooBike)



Heartsdales - CANDY POP feat.SOUL’d OUT
ギャルとかヤンキーってカワイイ(ように見える)子が多いですね。どーでもいいですけどw
  


Posted by アカトラ  at 17:51その他アカトラ

2017年04月20日

新作Tシャツ第1弾! DEVGRU & 160th SOAR

えーーーちょいとプライベートで面倒な事が起こりまして、現在当店「エフイー・ミルサープ」は一時的に休業中でございます。まぁ私自身に何かあったのではなく、ブログを書いているぐらいなのでそれなりに時間もあるのですが、精神的な余裕が無いので営業再開は土曜日を予定しておりますw なにぶん一人で切り盛りしておりますのでご容赦を。。。
つー事で、新作Tシャツ第1弾のデザインがやっと固まりました。今回は2011年5月1日にパキスタン領内で開始されたウサーマ・ビン・ラーディン殺害目的の「海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)」をモチーフとした「米海軍特殊戦開発グループ - DEVGRU」と「米陸軍第160特殊作戦航空連隊 - 160th SOAR」の2種類でございます。ちょいと気合いを入れすぎてしまった?感もあり、ハードコアなデザインとなりましたw マニアの方ならもうお判りかと思いますが、使用しているライムグリーン・カラーはカワサキ、、、ではなく、ナイトビジョンの映像をイメージしております。本来は蓄光(夜光)インクを使用したバージョンも製作しようかと思っていたのですが、なにぶん大量生産ではないのでコスト的に厳しいものがありましてとりあえず保留にしております、、、今後に乞うご期待!?w これよりサンプル出しなので、販売までにはまだ若干お時間がかかりそうです。


米海軍特殊戦開発グループ - DEVGRU
海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)


米陸軍第160特殊作戦航空連隊 - 160th SOAR
海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)


米海軍特殊戦開発グループ - DEVGRU
海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)


米陸軍第160特殊作戦航空連隊 - 160th SOAR
海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)
更に新作Tシャツ第2弾も準備中♪



「海神の槍作戦(OPERATION NEPTUNE SPEAR)」といえばやはり映画「ゼロ・ダーク・サーティ」ですね。マニアではない一般の方もこの映画を観れば、今回のデザインコンセプトがご理解できるかと思いますw ハードコアなメタルやパンクスの皆様もウェルカムw


当方の「ウルフ250」はカスタム中でまだ納車されておりませんが、ヤフオクで「WOLF」のパッチを見つけたので買ってみましたw 詳しくは調べてませんが、どうやらフォードの4輪用のものらしいです。まぁウルフだと「米海軍/第1戦闘飛行隊・ウルフパック」や「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」、「昭和の大横綱・千代の富士」とかいろいろあるのですがw



Alice Cooper vs Earth, Wind & Fire (mashup by MadMixMustang)
最近「ブギー」ネタが多いですが。。。
  


Posted by アカトラ  at 17:41アカトラ

2017年04月16日

M20A1スーパーバズーカ、、、の残骸w

う〜腱鞘炎が治りません。いわゆる「バネ指」ってやつです。バネレートが高いんだな、、、オーリンズに変えたいわw バネといえば、、、「スリンキー」をご存知のアナタは同世代w


朝鮮戦争やベトナム戦争などでも使用された「M20A1スーパーバズーカ」のものと思われる「残骸」を入手しましたw しかし、、、コレは一体どーやって売ればいいのだろうか?w


スコープ自体は生きているようで、覗くと目盛りや数字などが確認できます。。。


本体後部のパーツと思われます。何らかのロックをするためのレバーでしょうか。。。


グリップとトリガーですね。トリガーも可動するものもあれば固着しているものもあり。。。


肩をのせるパーツと思われます。繋ぎ合わせれば1個は完全な状態になるかも。。。


本来はこんなカタチなのです。上記のパーツがどこの部分かが大体わかりますね。。。

ま、その内エフイー・ミルサープにて販売致します。一応、水洗いぐらいはしようかな。。。


でもって本日その他の仕入れアイテム。ん〜これからの季節は軍物の入手が厳しい。。。


さて、だんだんと朝鮮半島がチャーハン臭くなって参りました。在日米軍基地も臨戦態勢のようで、嘉手納基地では一時的に警戒態勢が5段階中最高の「デルタ」に引き上げられたそうです。さらに海軍特殊部隊「DEVGRU」も韓国に配置されたようで、何が起きてもおかしくない状況です。隣国で戦争が始まるかもしれないというのに(当方も含め)日本人は相変わらず平和ボケモードなワケでして、たぶん「自分には火の粉は降り掛かってこないだろう」という希望的観測だとも思うのですが、1950年代の朝鮮戦争ではあくまでも「対岸の火事」で済んでおりましたが、今回は弾道ミサイルという「飛び道具」があるので日本も「高みの見物」というわけにはいかないでしょう。通常弾頭ならまだしも、核弾頭で攻撃されたら甚大な被害を被ります。あんなカリアゲデブに好き放題させてなるものかw
PHOTO : U.S.AIR FORCE
ちなみにそういった事を調べていたら、1992年よりSEALSの分遣隊(1個小隊)が日本にもローテーション配備されている事を知りました。極東アジア担当のチーム5でしょうか? つーかこれってマニア的には常識なんですかね? 俺が知らなかっただけかw ソースは1997年時点の琉球新報なんですが、つい先日の2017年4月11日の記事でも「沖縄には米海軍の特殊部隊「ネイビー・シールズ」が配備されている。」と言い切っております。
米海軍特殊部隊が92年から県内駐留
米軍特殊支援船、那覇軍港に寄港 朝鮮半島情勢に関連か

久しぶりにバイク雑誌を買ってみました。どうやら創刊号のようなんですが、しかし内容が、、、これオッサン連中しか買わないでしょw まぁオッサンが対象なんでしょうけどw


でもって、、、当方がウルフ250を購入という事で、当店のお客様から愛車の画像をお送りいただきました。当方ブログへの掲載許可もいただきましたので掲載してみます。しかし凄いフルカスタムの「ヤマハRZV500R」です。フレームピポット部の肉抜きが無かったので、ん? スチールフレームのRD500LCか? と思ったのですが、なんとフレームは補強してダイヤモンドコート塗装らしいです。カウルは本物のYZRから型を抜いたものらしく、お客様曰く、ノーマルの部品はエンジンの外装だけだそうですw もう次元が違いますw
つーか、ミリタリー好きにはバイク好きも多いですよね。ついでに鉄道好きもw しかしまぁ上記の雑誌からも判る通り「バイク乗り」は明らかに高齢化しておりまして、ミリタリーも「サバゲ」を除外すれば高齢化が進行しているように感じます。当店のお客様もトップガンやプラトーン世代の方々が多いのだろうなぁと思いつつ、最近の若者はオンラインゲームばかりで何が楽しいのだろうか? とも思うのですが、まぁ我々の世代もバイクで峠を攻めたり最高速アタックをして何が楽しいんだろう? と思われてたのでしょうから、どっちもどっちですかね?w ただ我々世代の趣味は「金がかかる」というのが大きな違いでしょうかw



Iron Maiden - Aces High (Official Video)
さぁ野郎共、戦争がおっ始まるぜ! 胸が熱くなるな! ションベンちびんなよ! ミリタリーブログで不謹慎とか言わせないぜ!とか、葉巻をくわえて言えるような男になりたかったw
  


Posted by アカトラ  at 14:48武器・弾薬アカトラ

2017年04月01日

パッチ付きDCUジャケット

カメラが壊れて暫定的にスマホを使用しておりますが、やっぱスマホじゃダメですね、、、色は転ぶわ、歪むわ、ボケるわ、、、もうデジカメは消耗品と考えて安いのでいいっス。
つー事でビッキー池田君トコの「キャンプ・ビッキー」にてパッチ付きDCUを調達しました。
ミリタリーサープラス キャンプ・ビッキー


第1騎兵師団のいわゆる「サンドイッチ仕様」です。「サンドイッチ仕様」という言葉は大昔の東京ファントムのカタログに載っていたように記憶しておりますが、実際にメジャーな言い回しなのかどうかはわかりません。。。第1騎兵師団のサンドイッチは食パンですねw

右肩の第1騎兵師団章はリバースタイプで、造りも支給品とは異なる民生品っぽい感じです。たぶん非公認のものではないかと思わますが、やはり「前向き」のコダワリでしょうか?


第13軍団支援コマンド? のDCUジャケットです。第13軍団支援コマンドは1966年の部隊発足時は第13支援旅団、1975年に第13軍団支援旅団、1980年に第13支援コマンド、1989年に第13軍団支援コマンド、2006年に第13継戦コマンドと変遷しております。

右肩には第4歩兵師団のオールドパッチ(フルカラー)が付いております。第4歩兵師団のDCUにはこのオールドパッチが付いている事が多く、詳細は不明ですが、第1歩兵師団と同様に何らかのアイデンティティーとして着用しているのではないか? と推測します。


こちらの第24通信大隊/第1中隊の兵士は左肩にデザート、右肩にオールドパッチの第4歩兵師団章を着用しています。兵士個人の判断なのか部隊単位のものなのか。。。


でもって、結局「スズキ・ウルフ250」を買ってしまいましたw 90年式の「TV250L」で、現在は納車前のカスタム中ですw 足周りは定番のRGV250Γからの流用で、フロントはVJ21(ダブルディスクブレーキ)、リヤはVJ22(湾曲スイングアーム&17インチホイール)です。早速、VJ22用右2本出しの中古スガヤチャンバーも手配。外装もブラックに再塗装します。その他、リヤフェンダーレス加工やヘッドライトのLED化などを進行中。その状態で一度乗ってみて、改めてハンドル/ブレーキ/タイヤ等をカスタム予定でござるー。

本棚に眠っていた「スズキ Γ オーナーズバイブル」を引っぱり出してきました。ガンマオーナーでもないのにこういった本を持っていたという事はやはり「いつかはガンマ、いつかはウルフ」と思っていたのでしょう。つーか2ストのあの激加速に耐えられるのであろうか?w



ラブ イズ Cash/REBECCA(1985年)
おっさんホイホイPart2♪ なぜか高校の修学旅行で行った京都の旅館を思い出しますw
  


Posted by アカトラ  at 22:03アカトラ