2017年03月17日

ロケット弾コンテナとダミーロケット弾頭製作

最終的に悲惨な結果となった確定申告も終わり「Tシャツのデザインを再開しなきゃー」とか思いつつも、また余計な事を始めてしまいましたw これが終わったらTシャツやりますw

最近ヤフオクに出まくってる「ロケット弾コンテナ」を購入してみました。4個もいらないんですけどねぇ、、、まぁ4個のセット売りなのでしょーがないw 全長は約115cm。あぅぅー。

1個のコンテナに2.75inchのロケット弾が4発収納可能のようです。たぶんこのコンテナから直接発射されるのではなく、あくまでも運搬用のコンテナではないかと思われます。


コンテナ自体の形式名は「MK 706 MOD 0」のようで、MK表記がある事から米海軍用ですかね? たぶん横須賀か厚木からの放出品と思われるのでその可能性は高いです。

当たり前ですが、「コンテナのみ」なのでロケット弾は装填されていません。でもやっぱり穴が空いてるだけじゃ気分が出ないのでダミーのロケット弾頭を作ってみる事にしましたw


目標はこんな感じでしょうか。ブルーカラーは模擬弾や演習弾になるかと思われますが、あえてそういった色にした方がリアルですし、明るい色の方が見栄えも良さそうです。つー事で色はブルーに決定。なるべく経費をかけずにシンプルな製作方法を模索しまして、最終的に本体は発泡ウレタンでの成形に落ち着きました。ただ発泡ウレタンを使うのは初めてでしてノウハウも全く無いのですが、まぁ出たとこ勝負の行き当たりばったりですねw
画像出典:Wikipedia

用意したものは、発泡ウレタンスプレー、塗料(染めQ/オーシャンブルー)、内径8cmの紙筒、そして問題は先端部分だったのですが、ネットでいろいろと検索して当方が目をつけたのはペットボトルロケット用のノーズコーンでしたw 直径もちょうど8cmで、当初は塩ビ製か? と思っていたのものの届いてみたらゴム製でした。。。そして製作過程をご紹介しようか? とも考えましたが、たぶん参考にして作る方も皆無でしょうから割愛しますw

つー事で最終的にはこのような形となりました。唯一の誤算は塗料の色が想定していたものと全く違った事、、、オーシャンブルーというよりも黒に近い濃紺になってしまいました。手抜きして下地を吹かずにそのまま塗装しちゃったから? にしても濃いよなぁ。。。塗り直すにしてもノーズコーン部分が「ゴム」なので使用できる塗料も限られまして、「染めQ」のブルー系で一番近い色はこの色なのでどーしたものか、、、あぁまさかの想定外。


でもってとりあえずコンテナに装填してみましたが、、、あぁやっぱりダメだこりゃw ただでさえ暗いスペースなのに弾頭も濃紺だと全く見栄えがしません。。。なすび入れても変わらんわなぁw これなら白とかに塗り替えた方がまだいいかと思いつつ少し考え込む。。。


そして元々の黄色の方がまだマシだったんじゃないのか? と思い濃紺の塗装を剥がしてみました。。。うん、濃紺よりはまだこっちの方が見栄えがいい。黄色のロケット弾が存在するのかはわかりませんが色は追々考るとするか、、、こんな事ばかりやってられないw

いい歳して何をやってるのであろうか? とも思うのですが、当方も30代には「俺は結婚できないんじゃない! したくないんだ!」とか言っておりましたが、こんな事をやっていると改めて「あぁ、俺ってやっぱ結婚できないんだなwww」と悟ってしまう瞬間でもありますw


エア・アメリカのアクリル製プレートを入手しました。当方「M1968」ブランドのTシャツにもモチーフとなっておりますが、CIAがベトナム戦争中に東南アジアでの特殊作戦を行うために設立した航空会社で、特殊作戦部隊SADに所属していたのです。約40×15cm。



ALWAYS : 光永亮太(2003年)
この方は一発屋なんでしょうか? 何となくPWL風? な感じもして好きなんですけどねw
  


Posted by アカトラ  at 17:58武器・弾薬

2012年07月19日

M29もしくはM252のM751が付いたM879

いやぁ暑いですね。10分も出歩くと汗だくつゆだくになってしまうので、本日もクーラー全開の事務所に引きこもりであります。。。


沖縄のミリタリーキットさんでロングのアーモボックスを購入してみました♪ M29もしくはM252迫撃砲用のM751信管が付いたM879迫撃砲弾を3発を収納する物のようです。


ステンシルがクールでついつい購入してしまいましたが、いつものことながらこれといって使い道が無いw 飾っておくだけでも十分にカッコイイんですが、当事務所には「飾っておくだけのアイテム」が飽和状態なので何とか実用的に使用したいところでして。。。


そーいや洗濯機の横にホウキやらモップやらが無造作に立てかけてあったなぁと思い、この辺の整理用に使えないものか?と配置してみたらちょうどピッタンコカンカン♪ つー事でステンシルは見えにくくなくなっちゃいますがとりあえずココに置いておきましょうw

ミリタリーキット



Andy Taylor - I Might Lie
元デュラン・デュランのアンディ・テイラーっす♪ この時期はこういったボン・ジョビ的な音が流行りましたねぇ。日本だと男闘呼組とかw
  


Posted by アカトラ  at 17:02武器・弾薬

2011年11月02日

M831 120ミリ滑空砲弾コンテナ

再び筒物コレクション〜(笑)


M1A1戦車などで採用されている120ミリ滑空砲用の砲弾コンテナと思われます。M830は多目的榴弾のようですが、こちらのM831は訓練弾(トレーサー)のようです。


開口部は完全密封が可能。しかしながら、、、これといって使い道も無し(笑&汗)


男心をくすぐるマーキング(笑)ロットナンバーから1994年あたりのものでしょうか?



Anti-Armor Kinetic Energy Round 120mm

コチラもご覧あれ〜 155mm榴弾砲用砲弾コンテナ

※この砲弾ケースはあくまでも「コンテナのみ」であり、危険物などは収納されていない空の状態の物で完全な合法・安全品であります。



さて皆様、伝説のテクノポップ・バンド「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」はすでにご存知かと思われますが、90年代にゲームサウンドクリエイター達が結成した「OMY(オリエンタル・マグネチック・イエロー)」はご存知でしょうか? こちらの曲は東風(トンプー)ならぬシャンプー(笑)でありますが、これが聞き慣れると結構グッドでありまして、オリジナルの東風はいい加減ちょっと食傷気味だな〜というアナタにぜひ聴いていただきたい〜〜〜なかなか泣けますよ(笑)友人のYMOオタも大絶賛www
  


Posted by アカトラ  at 12:59武器・弾薬

2011年10月30日

AT4携行対戦車ロケットランチャー

えー最近はネタ切れな感じでブログの方も放置気味なんですが、、、あ!そーいやAT4はネタにしてなかったな、ということで久しぶりに引っぱり出してみました。


当方所有のAT4は合計3本。まぁそれぞれコンディションが違いまして、左より並品、良品、極上といった感じです。10年ぐらい前は2〜3万円で買えたものですが、最近はAT4自体が放出されないということもあり相場が4〜5万円ぐらいになってるみたいですね。。。


こちらは極上の1本。AT4が米軍から放出される際は中央付近で切断処理されるわけでして、ミリタリーショップなどで販売されるAT4はそれらを再び繋ぎ合わせた物なのです。しかしながらこちらの1本は奇跡的に?切断をまぬがれて放出された逸品であります。


なんと!レバーが引けて、トリガーボタンを押すと「ガシャン!」と音がします。前後のフリップアップサイトもカバーを開くと立ち上がる仕組みですが、久しぶりに開けてみようと思ったら固着して動かないのであきらめました・・・(笑&汗)


まぁ当然ではありますが、中はカラッポの空洞状態であります。使い捨て兵器なので弾薬は製造時に装填されたもの以外は使用できません。ということで切断されていなくとも再利用は不可能です。警察関係者も巡回されているかもしれませんので念のため(笑&汗)

※このロケットランチャーは使用済み(使い捨て)の米軍放出品であり、当然中は空洞状態となっており、米軍放出品業者より正規に購入した完全な合法・安全品であります。



Lock 'n' Load - AT4 Rocket Launcher



ロケットランチャーは男のマロン、、、って事で、意味も無くホワイトスネイクのギルティー・オブ・ラブなんぞを。。。この曲、高校時代にエアギターしまくったなぁ、、、いまもするけどw カヴァデール、カックイイ〜♪ Whitesnake - Guilty Of Love
  


Posted by アカトラ  at 15:38武器・弾薬

2011年09月17日

MGC M16A1 モデルガン

70年代のものと思われるMGC製のM16A1モデルガンです。形式的にはおにぎり型のハンドガードはA1、A2的な丸形のハンドガードの物はE1という名称だったようです。


なぜかウチには箱入りが2丁と裸状態が1丁、合計3丁あったりします。。。


紙火薬の時代ですね。フラッシュハイダーはいわゆるナム戦型のチューリップタイプ。


古めかしいこの金属の質感が非常に良いですー。ちなみに材質は亜鉛ダイキャスト製。


まぁ、有名な話ではあるのですが、映画「フルメタル・ジャケット」の劇中で使用されていた一部のM16はこのMGC製モデルガンなのであります。どの部分で見分けるかと言いますとボルトフォアードアシストノブの部分が実銃の形状とは異なっており、上下のレシーバーを固定するボルトが埋まっているのですー。ハンドガードリングもちょい違う。。。



こちらは80年代のキャップ火薬モデル。ボルトフォアードアシストノブも実銃に沿った形状になりましたー。しかし、、、モデルガンは手間がかかりますね(笑&汗)



RED WARRIORSの最高にカッコイイ一曲「WILD CHERRY」です、、、がしかし、このPVはいかがなものだろうか?(笑&汗)まぁ、オッパイ丸見えだからいーかw ( . )( . )
  


Posted by アカトラ  at 16:06武器・弾薬