2018年01月20日

ナム戦以降の75レンジャーパッチ - 補足

いやぁ、小室さんもいろいろ大変ですね。ちょっと同情してしまいます。。。KEIKOちゃんもクモ膜下出血で「子供返り」してしまったようですが、20年ぐらい前にはKEIKOちゃんとデザインの打ち合わせをしたり、プライベートでは三軒茶屋のツタヤでバッタリ会って立ち話などもした事があるので非常に切ない感じです。。。

★★★★★


最近、何となーくこのパッチが気になりまして。。。マニアの皆様ならこのパッチを一度は目にされているかと思われますが、「第75歩兵連隊(レンジャー)」のSSI(Shoulder Sleeve Insignia/部隊章)です。しかしながら「レンジャー」の部隊章といえば「スクロール」が一般的で、このSSIを着用しているイメージは殆どありません。今さらながらではありますが、このSSIはどういった位置付けの物なのか? という事でネット(ほぼ英文)と少ない資料を頼りに軽く調べてみました。
当方の資料によればこのSSIの使用期間は「1975年9月19日〜1984年7月26日」となっており、「第75歩兵連隊(レンジャー)」が「3個大隊編成」になったのが1984年、「第75レンジャー連隊」へ移行したのは1986年ですので、3個大隊編成時の改編で消滅したものと思われます。さらに連隊としてのSSIが存在するという事は、1984年までは「独立連隊」として存在し、その後に「第1特殊作戦コマンド」の隷下となりこのSSIは消滅したものと推測しますがいかがでしょうか?


上記のSSIが使用されていた頃の第1及び第2大隊のスクロールは1段目と2段目のものになるかと思われますが、この時期の本部及び本部管理中隊のスクロールは「不明」です。3段目の「INF」スクロールは1984年〜1986年頃に本部及び本部管理中隊で使用されていたのではないか? と思われ、「第75レンジャー連隊」移行後に4段目の「RGT」スクロールへ変更されたようです。ちなみに第1及び第2大隊のスクロール下には上記のSSIが着くようにも思えませんね。。。
ここからも当方の推測になりますが、、、上記のSSIはたぶん1975年〜1984年までの第1及び第2大隊以外の第75歩兵連隊(レンジャー)所属隊員が着用していたのではないか? と考えます。当然ながら第1及び第2大隊以外にもレンジャー資格を有する隊員は存在したものと思われますので、その場合には通常のレンジャータブが上部に追加されていたのではないでしょうか? ん〜〜〜非常に推測だらけの記事になってしまいましたが、何らかの参考にでもなれば幸いですw
ナム戦以降の75レンジャーパッチ


ちなみに蛇足ですが、、、25年ぐらい前の「Daytona-TV」というテレビ番組で所ジョージ氏がこのパッチを付けてサバゲをしておりますw SPECIAL FORCESタブとRANGERタブ? も付いているようですね。当時は旧東京ファントムさんが絡んでいたような記憶もありますが、何ぶん25年前なので定かではございませんw
画像:Youtube

★★★★★


さて、例のテールランプを車体に付けてみました。結論から申しますと「全然ダメ」ですw とにかく上を向き過ぎですね。付けるとしても何らかの形で角度調整をして、サイレンサーの角度と同じぐらいにしないとカッコ悪いです、、、あ〜ぁw


バンディット1250のカウル装着もまだ諦めてはいませんw ミリ単位で位置を調整中、、、もはやポジションさえ決まれば後の作業はバイク屋さんに泣きつこうかと思っておりますw いつも無理難題ばかり言っているのでやってくれるかなぁw


しかし本日は晴天で気温もポカポカ♪ 絶好のバイクいじり日和でした。でも月曜は雪とか。。。メインの作業が失敗に終わってしまったため、しょーがないので各所をメンテして軽く洗車しました。あー、プラグレンチ買うの忘れてたな、、、w

フロントフォークにオイル染み発見、、、ぼちぼちオーバーホールかなぁ。エンジンはそれなりに絶好調です♪ 相変わらず燃費は悪いですがw そろそろ追加のカスタムでバイク屋さんに入庫予定です。明日も暖かければ第三京浜でも流そうか?

★★★★★

そーいえば、新年一発目の更新でこの画像を貼るのを忘れていましたw 年明け早々にYahooバナー横の「おみくじ」をポチりましたところ、一発で「示し合わせたような大吉」が出ましたw やっぱ今年の俺は何かが違うんだなぁ、猛アピール?w

★★★★★



globe - FREEDOM
globeで好きな曲はコレです♪ EXTENDED MIXが最高です(当時のやつw)
  


2018年01月17日

ネタが無いので本日の日記

えーーー間が空いてしまいました。なんか年明けはこれといってネタが無いんですよねw クッソ寒くてバイクに乗る気力も出ない & 外でバイクをいじる気にもなれず、特に本日は雨だったので室内でバイクパーツの加工を行っておりました。


ウルフ250はテール廻りも試行錯誤しておりますが、アマゾンでこんなモノを見つけてしまいました。テールランプとウインカー、ナンバーランプ、ナンバーステーが一体化したものなんですが、機能うんぬんは別にして何となく4気筒イメージ(あくまでもイメージw)になりそうな気がしましてついつい買ってしまったのですw
PHOTO : Amazon


なんといっても事実上敵国の中国製、よーく見ると内部の基盤が片側だけ浮き上がっています。ん〜ハズレを引いてしまったか? 本体は接着剤で完全密閉されているので分解するわけにもいかず、まぁ機能的に問題なければヨシとするか。

ナンバーステーは不要なので取っ払い、テールカウル(サブ)はドリルで穴開けしました。2ミリ厚のゴムシートを切り出してラバーマウントも作りましたが結局は使用せず。機能的にはブレーキをかけた際のストップランプのみを生かします。


テールカウルに装着しました。実際に車体と合わせてみないと何とも言えませんが、この状態では何んとなく良さげな気がします。まぁダメでもこのランプ自体は¥1,897(安!)ですし、テールカウルも数百円だったので特に問題はありませんw

★★★★★

当方事務所の玄関はドアを開けると部屋の中が丸見えでして、いきなりM203グレネードランチャー付きのM16A1やベルトリンクじゃらじゃらのM60などが置いてあるので、宅配業者さんや出前の方などは「えっ!?」と思いながらもたぶん「見て見ぬ振り」をしていると思われ、テロ等準備罪などが話題の昨今にテロリストと間違われるのも嫌なので目隠しのカーテンを付けましたw カーテンといってもミリタリーフラッグを流用したものでしてブラックの「DON'T TREAD ON ME」ですw

★★★★★


久しぶりのアラフィフ独身愚連隊トリオw 車内では運転手某氏セレクトによる音楽が流れているのですが、当方的には「KUWATA BAND」がかかると「おもひで」が走馬灯状態でどっと凹みますw ちなみに後部座席の某氏は「浜田省吾」がかかると凹むそうですw 「オフコース」だと運転手某氏が凹みそうですので、3人トータルで「レベッカ」辺りがギリギリの妥協点となりましたw 若い頃の思い出は「余計に美化」してしまうのが厄介ですねw しかし、現実見ても凹むしなぁ、、、w

★★★★★



浜田省吾 - Money (WE ARE STILL ON THE ROAD.)
KUWATA BANDはなぜかYoutubeに無いんですよね、、、つー事で浜田省吾っすw 浜省は個人的にあまり縁が無かったですが、改めて聴くとカッケーすね♪
  


Posted by アカトラ  at 21:48その他アカトラモーターサイクル

2017年12月14日

師走の日々雑感

だんだんと年末進行で忙しくなって参りました。そんな時期に再びカゼをひいてしまったようで、「またか!?」という声も聞こえてきそうですが、免疫力がダダ下がりなんでしょうね、、、w とりあえず年賀状の印刷発注とお歳暮の手配は完了。問題は事務所の掃除ですが、、、もう南ベトナム撤退時のような大混乱状態ですw

★★★★★


ベトナム戦争時の「第1騎兵師団」パッチ×2種です。いわゆる民生品で、第1騎兵師団に所属した退役兵士などが着用するのではないか? と思われます。どーも最近、使用目的も無く「むやみに?」パッチを買う事が多いです、、、それも2枚ずつw 「いつか使う時が来るであろう」と思い買うのですが、まぁ「使う事が無ければ売っちゃえばいいしなー」と商売に絡めて躊躇せずに買ってしまうのがマズイw


上は映画「ゴーストバスターズ」のパロディで「共産主義者バスターズ」パッチですw ゴーストバスターズの公開は1984年なので、まだまだソ連が元気な冷戦時代です。最近は70年代後半から80年代ぐらいの冷戦時代がマイブームでして、グレナダ、パナマ、イーグクロー作戦とか。。。下は「ペプシ・スズキ」のパッチで、シュワンツがペプシカラーのガンマを走らせたのも1988〜89年ですねぇw

★★★★★


梱包グッズをリニューアルしました。発送用のステッカーは今回「ERDLグリーンリーフ」をベースにしまして、印刷の色味もまぁまぁの仕上りでした。梱包用テープはバリケード風の「CAUTION」を購入。というかこれが一番安かったw 最近、こういった柄物のテープが高くなったような気がするのですが気のせいでしょうか?

★★★★★


ウルフ250にバンディット1250のカウルを付ける作業もやっと目処がついてきました。しかしさらに反対側のステーまで自力で作る気力は無しw つー事で業者にこの現物見本を送ってステンレスで両側分を作ってもらう算段ですが、反対側のディメンションも同じハズ、、、じゃないと困るw 非常に微妙な曲げ具合でして。


ん〜もう若干前(上)にずらしたい、、、でもハンドルの切れ角を考えるとこれが限界ッス。真横から見るとあまり感じませんが、斜め前方から見たり、ハンドルを切るとやはりネック部のスカスカ感が気になります。でもまぁこればっかりはしょーがないよなぁ、、、元からこのような仕様であれば気にもならないのでしょうが。。。

実際に装着すると気になるところがいろいろと出てきます。。。カウルのメッシュ下にフレーム地がそのまま見えているのも嫌なので内側に黒の塩ビやゴムシートなどを貼りたいところ。もしくはネック部からカウルまでのメインフレームに黒のカッティングシートでも貼付けようか。。。ちなみにカウルは黒に塗装する予定です。

Vガンマ系のカタログを新たに入手しました。先日入手したウルフの別バージョンも含めVJ-21A, VJ-22A, VJ-23Aの計6冊です。いやぁ、しかしVJ-21Aの発売が1988年なので、あれから約30年も経つんだなぁと感慨無量、、、「アッ」という間でしたw さらにこれから30年経つと当方はまさかの80歳! 生きてるかな?w

★★★★★

軍物屋オヤジの雑感
先日のセールでは結果的に未払い者は1名のみ。一度は督促のメールを送りますが、その後何の連絡も無い場合には自動的にキャンセルの上、当店のブラックリストに掲載し今後は一切の取引をお断りします。現在、当店のブラックリスト掲載者は28名w 大泉洋じゃないですが、「どういう教育を受ければそうなるのか?」と疑問を感じつつ、某実力組織の国家公務員や某有名企業の社員なども含まれており、そういった「大看板」を背負っていながらようやるわ、、、とも思うのです。まぁ、業者間の取引でもバックレるとこはバックレますからねw 業者の場合は資金繰りなどが原因なんでしょうが、某ショップの場合には納品後に代金が支払われずその後数年経ちましたが、現在も何事も無かったかのように営業を続けVショーにも出店しています。もう関わりたくないので見て見ぬ振りしてますけどねw

★★★★★



Lisa Johnson ‎– Love (1991年)
90年代初頭のユーロビートはBPMもまだ許容範囲内でイイ感じです♪ だいたい1993年辺りから急激に速くなるんだよなぁw 140BPM以上は個人的に辛いw
  


Posted by アカトラ  at 15:35その他アカトラモーターサイクル

2017年12月04日

冬のセール終了と古着フェスティバル♪

当店のウインターセールも無事終了致しました。お買い上げいただいたお客様、誠にありがとうございました♪ セール後のご利用もお待ち申し上げておりますw


ドナドナ待ちの荷物群。セール終了翌日の月曜午後には全ての荷物を即時発送できる体制にしておりますので、まぁ毎度の事ながら一人での梱包作業は死にますw 一気にこれだけの商品を梱包〜発送する場合にはやはり「凡ミス」が怖いです、、、どうかミスってませんように。次のセールは5月末を予定致しております。

★★★★★


そんなテンパってるセール中の日曜日に大井競馬場で行われた「古着フェスティバル」へ行ってきました。「稲妻フェスティバル」の古着屋版という感じでしょうか。


関東圏の? 有名な古着屋さんが大集合。古着屋さんにも知人は多いのですが、様々な場所で頻繁に遭遇する某お客様にも「あっ!アカトラさん♪」と発見されるw


とにかく当店もセール中なので、ザーッと見渡して、バーッと買いまくって弾丸で帰ってきましたw 隣の駐車場では別のフリマも開催中でしたが本日はスルー。



★★★★★

セール後の「閑古鳥状態」を避けるため新商品も少しずつ準備中です。別にセール中に隠していた訳ではございませんw まだ検品が済んでいない物なのでw

★★★★★


特にこれといった用途は決めてないのですが、「チーム・ラッキーストライク・スズキ」のパッチをペアで購入してみました。このデザインって珍しくないですかね?

★★★★★



坂本龍一 featuring Sister M - The Other Side of Love(1997年)
「平成」も終わるらしいですが、まさにバブル絶頂期から一気に転落した時代でしたね。。。この曲は1997年リリースなので、山一証券や北海道拓殖銀行の破綻など、目に見えてバブルの崩壊を実感した時代、、、そんな閉塞感が漂います。
  


2017年11月30日

冬のセールと毎年恒例のアレ&ミンスクw

今年もこの季節がやってまいりました。当店のセールは基本的に毎年5月と11月の最終週末2回のみですが、今年の冬はタイミング的な都合で12月最初の週末に行います。「全商品20% OFF」です! 是非この機会をご利用下さいませ〜♪


当方も古着屋さんのセールをよく利用するのですが、「ケッ」と思うのは「最大50% OFF!」とか「MAX50% OFF!」とかいう表記。だいたい50% OFFの商品なんてのはほんの一握りで、そのほとんどが10〜20%、良くて30% OFFぐらいなモンです。そして税抜き価格表示のショップだとその金額に消費税が加算されるのでお買い得感がさらに激減。セール期間中は明らかに「売れ線」のアイテムを隠してるのがバレバレとか、それでもめげずに「おっ! これイイじゃん! 何%引き!?」と思い値札を見ると「セール対象外」とかwww もう「客をイライラさせるセールに意味あんのか!?」とか叫びたくなりますw まぁ、ほんの一例ですけどねw
つー事で、「人の振り見て我が振り直せ」w 当方がそういった思いをしてるので当店ではそんなセールは行いませんw 当店のセールは対象外商品無しの全品20% OFF!、さらに税込み総額表示からの割引ですので消費税の計算も不要!、そしてセール中でも¥10,800以上(割引後)のお買い上げで送料無料! でっす♪

★★★★★

毎年恒例となっておりますが、今年もトヨさんからWORLD & AMA SUPER BIKEとPLAY BOYのカレンダーをいただきました。いつもありがとうございます♪


でもって今年の「PLAY BOY」は水着じゃなくてまさかのフルヌード!w さすがにB地区丸出しではミリブロさんに削除されそうなので、ピンクので隠しました〜w

さてさて、今年のGSX-R1000はどんなかなぁ〜? と探してみると、、、GSX-R1000はおろか、まさかのスズキ車消滅!w 今年は欧州車が多いのねん。。。


カッチョイイと思ったのは6発のホンダCBX1000改。オリジナルはエンジンとフレームだけか?w しかしこの娘がちょっとフィフィ似のような気がしないでもないw

さて、今年もこの娘っ子達の中から私の独断と偏見によるお好みの娘ナンバー1を選びますw つーかもうこの歳になるとどの子でもいいという感じですが、、、w

つー事で今年のナンバー1は〜〜〜6月の、、、あれ? 名前が載ってないので、、、Juneちゃんw 「別にどーでもいいわ」という声が聞こえてきそうですがw


カレンダーにスズキ車が無かったので代わりにコイツを貼ってみます。イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボして製作された、GSX-S1000Fベースの「KATANA 3.0」らしいです。まぁテールの短さが個人的にNGなんですが、フロントからの流れは嫌いじゃないです。ただなぁ、銀色に赤のスズキロゴでカタナっぽく見えてるだけのような気がしないでもないw とにかくテールを伸ばせw
PHOTO:YOUTUBE

★★★★★


再び、「訳のわからない物」を買ってしまいましたw どうやら海外製のラジコン空母のようで、パッケージの表記から判断するとたぶん旧ソ連の空母(航空巡洋艦)「ミンスク」ではないかと思われます。1/275という中途半端な? スケールなんですが、全長は約80cmと超巨大なので存在感は十分ですw しかしなぜこうも無駄にデカいものに惹かれるのでしょうか?w 大は小を兼高かおる世界の旅w


なにぶんオコチャマ用? と思われますので造りもそれなりです。搭載されている戦闘機もYak-38フォージャーではなくSu-27(33?)フランカーだったりしまして「おいおいSu-27はミンスクじゃ運用できねーだろ」ってな具合のクオリティですねw まぁ、池に持っていって遊ぶ事もないでしょうし、こういった物は未開封のまま飾った方がいいのか、それとも開封してお風呂のオブジェにでもしましょうかw

冷戦期には脅威的な存在でしたが、ミンスクを含む「キエフ級航空巡洋艦」はデザイン的に結構好きだったりします。煙突と一体化された巨大な艦橋に、強力な武装と航空戦力を併せ持ったその姿は、運用的にどうかは別にしてとにかくカッコイイw 同種の「モスクワ級ヘリコプター巡洋艦」はイマイチですが、帝国海軍の「航空戦艦伊勢/日向」はよく「ウォーターライン・シリーズ」を作ったもんですw
PHOTO : Wikipedia

★★★★★



Billy Joel - Back In the USSR(1987年)
「プチ冷戦ソ連マニア」の私ですが、この曲は世代的に「ビートルズ」ではなく「ビリー・ジョエル」で知りましたね。大元のネタはチャック・ベリーとビーチ・ボーイズ。
  


Posted by アカトラ  at 14:03その他アカトラモーターサイクル