2017年01月15日

レンジャーTシャツ/サブデュードタイプ販売開始♪

いやぁ寒波襲来ですね、、、帝都は「本日天気晴朗ナレドモ激寒シ」といった感じでっす。


当方デザインのレンジャーTシャツ/サブデュードタイプ(ODバージョン)が販売開始となりました♪ 第75歩兵連隊(レンジャー)F/H/I/K/L/Nの各中隊6種類でございますー。

ジャングルファティーグのインナーにもオススメ♪ お買い求めは下記の「沖縄ミリカジさん」にてお願い致します。 ※当店「エフイー・ミルサープ」では販売致しておりません。




当店には「よくわからないもの」がいろいろと入荷しておりますw 値付けが困りますなぁw


よくわからないもの - その1
S.W.I.製のリーフパターン?上下セットです。ジャケットはLC型、トラウザーはBDU型に近く、迷彩はリーフパターン、色味はウッドランドに近いようですw サイズは上下共にS-Rで中古品になります。同サイズ上下セットでの入手はなかなか難しいかもしれませんー。


よくわからないもの - その2
タイガーストライプの上下セットです。サイズ以外は何の表記も無く、まぁレプリカだとは思いますが詳細不明です。。。サイズはA-M(ASIAN MEDIUM)なので、U.S.サイズだとSMALLぐらいでしょうか。生地は薄手のコットンのようで、未使用の新品でございます。
追記
早速、タイガーマニアのトヨさんからご助言をいただきましたw あざっす♪♪♪ こちらのタイガーは以前に「サムズミリタリ屋さん」で製作されていた南ベトナム軍M59型のタイガーストライプではないか?との事です。トヨさん曰く、タイガーはいばらの道らしいです、、、w


よくわからないもの - その3
旧ソ連軍のジャケットではないか? と思われます。ボタンにはソ連共産主義のマークである「鎌とハンマー」が付いています。両袖のポケットは今時なベルクロ仕様なんですが、当時物なんでしょうか? こういった迷彩を見ると映画「若き勇者たち」を思い出しますw
追記
そしてコチラもトヨさん情報なんですが、この旧ソ連軍ジャケットは80年代に「中田商店さん」が製作したレプリカ品ではないか? との事です。ウチのブログもコメントを書き込めるようにすればいろいろと情報が入ってくるのでしょうが、、、でもデフコン3を維持しますw


その他の仕入れ品も着々と準備中でございます。ベーシックなものが多いでしょうか。。。

上記アイテムは近日中にエフイー・ミルサープにて販売致します♪



今さらではありますが、やっと「24:Live Another Day」を観終わりました。ワタクシお気に入りの「イヴォンヌ・ストラホフスキー」ちゃんは今回シリアスな演技ながらも相変わらずキャワユイっす♪ 「CHUCK」か「24」仕様のフィギュアでも出ないものでしょうか、、、w
出典:24 SPOILERS

つー事で、、、結局昨年末にできなかったCD&DVDの整理をしようかと思ったものの、この惨状を見ると重い腰がさらに重くなり、、、w 2〜3年前にも飽和状態になり思い切って大量処分したのですが再びこの状態、、、完全にキャパオーバーなんだよなぁ、、、orz



dreams come true - wherever you are
ドリカムの曲なんですが、、、バックコーラスにモーリス・ホワイトが参加しております♪
  


Posted by アカトラ  at 19:09衣類アカトラ

2017年01月12日

あぁ、また買っちゃったw

新年早々、防犯警戒で職務質問されてしまった当方でございますが、若い女性警察官に「コレ、お兄さんのバイク〜?(ニコリ)」とフランクに声を掛けられて複雑な気持ちになった48歳の初春でございますw まぁ、「旦那さん」とか「お父さん」と呼ばれるよりはいいかw


再び買ってしまいました、、、1/18のF/A-18Cでございますw F/A-18Cはすでに1機持っているので、次はF-14かF-16だなぁと思っていたのですが、たまたま安いものを見つけてしまいついつい衝動買いw まぁカラーリングは違うのでこれはこれでヨシとしようw


しかし相変わらず超デカイ。ただF/A-18Cは艦上機で実機通りに主翼が折れるのでまだ何とかディスプレイする事ができますw F-14だとどうなんだろう? まぁF-14も艦上機なので可変翼を極端に内側に収納できるとは思うんですけどね、、、でも相場は高値安定。


空母キティホーク時代(1998年〜2008年/横須賀基地)の第5空母航空団(CVW-5/厚木基地)/第192戦闘攻撃飛行隊ゴールデンドラゴンズ(VFA-192)仕様です。現在は機種をF/A-18Eに変更しCVW-2で空母カールビンソンに搭載されているようです。


ただ、、、今回の機体は「VFA-192(第192戦闘攻撃飛行隊)」と思われるのですが、なぜか飛行隊ナンバーは存在しない「VFA-190」が表記されております、、、何で??? つー事でネットで軽く調べてみたところ、どうやらメーカーのミスらしいですw ありえねぇ〜w


こんな感じで当事務所はVFA-86とVFA-192の1/18・F/A-18Cが2機体制となりました。こうして見比べてみると、、、本体はどちらも同じなんですが、塗装はVFA-86の方が迷彩仕様でカッコイイですね。VFA-190はブルーグレーでちょいメリハリが無いかも。。。


でもって、弊社の今年の年賀状はこんな感じでした。しかし年賀状もなぁ、、、最近では絶滅危惧種ですよねw 当方の近況はこのブログをご覧いただいていれば大体わかりますしw さぁ今年は再びバブル到来!?らしいですよw 今年こそはTシャツ沢山作るぞーw

先日、アマゾンプライムで「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」という映画を見つけまして「おぉ!面白そうじゃん!」と思い見始めました。原作コミックやテレビドラマ版などは全く見ておらず、いきなりこの映画だったのですが、冒頭からガッキー(新垣結衣)が「陸自/特殊作戦群出身のスナイパー役」という設定に「アホか!?www」と口に出して叫んでしまい、もうそこからテンションは下降の一途w なんなんでしょう、、、最近は映画に限らず、とりあえず若い女の子を出しとけば売れるという風潮でもあるのでしょうか? 男優陣は男臭い豪華メンバーでなかなか良かったんですけどね、、、もうこの時点で観る気が失せましたw まぁ今風に言えば「嫌なら観るな」という事でしょう。「はい、もう観ませんw」 最近は「女嫌いモード」の当方なんですが、別にゲイではございませんw

最近、自撮りをすると「ホント老けたよなぁ」と思う今日この頃、、、まぁ48歳なんで当たり前か、、、福山雅治とタメなんだけどなぁw 先日、当方の母がちょっとした手術で入院したのですが、病院に行っていつも頭の下がる思いになるのは看護士の皆様の姿。病院中高齢者だらけで中にはろくでもない患者もいるのでしょうが、多忙を極める中で常に笑顔を絶やさず献身的に活動されている姿には敬服致します。使命感というか義務感というか、「お金のため」だけではない何らかの崇高な思いがないとやっていけない職業ですよねぇ。。。まぁこんなミリタリーオタクのブログを見ている看護士さんもそう多くはないと思いますが、この場を借りて一言お礼を、、、「いつもありがとうございます♪」総員敬礼!



The Emotions - I Should Be Dancing (1979)
アース・ウインド&ファイアーのモーリス・ホワイト・プロデュース! ノリノリでどうぞ〜♪
  


Posted by アカトラ  at 23:42その他アカトラ

2017年01月02日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。皇紀2677年の本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

今年は珍しく初詣に行って参りました。近場の明治神宮ではなく靖国神社であります。がしかし、、、参拝するには長蛇の列でヘタレ野郎の私は早々にくじけたのでありましたw


そんなヘタレ野郎にはおみくじも「吉」なのであります、、、さらに遊就館は16:00までで入館を断念、、、まぁ、新年も私の人生はこんなモンですw 誰か私にお年玉をください。


実は、、、当方は軽度の「ソ連マニア」だったりもしますw つー事で先日、骨董屋さんで日本万国博覧会(1970年)の「ソ連館」のパンフレットと「レーニン」の冊子(英語)を入手しました。当然ながら当方は共産主義者ではありませんし、マルクスの資本論なども全く読んだ事はありませんが、幼少〜青春時代が東西冷戦期であり、実家は北海道東部の釧路市だったので北方領土にも近く、釧路港にソ連の漁船が入港するとオヤジの衣料品店にはロシア人の漁師が買い物に来たりしておりまして、意外にソ連とは関わりがあったのです。しかしながら今では考えられないかもしれませんが、当時のソ連は共産党一党独裁の「闇に包まれた得体の知れない大帝国」というイメージでして、子供ながらに恐怖感と好奇心が入り交じる謎の国家なのでありました。そんな青春時代を過ごしてしまったため、未だ東西冷戦期にノスタルジーを感じる私なのであります、、、「返せ!北方領土!」



日本万国博覧会「ソ連館」パンフレット


日本万国博覧会「ソ連館」パンフレットと冊子「レーニン」


そして、、、航空会社の「安全のしおり」なんかもあったりしますw 座席の前に備え付けられているアレですね。基本的には「持ち帰り禁止」なんですが、機材の引退や内容の改訂等で合法的に放出されたものや、CA(キャビン・アテンダント)に言えば予備をくれたりする場合もある?ようでして、全く一般市場に出回らないというものではありません。従いまして、当方所有の「安全のしおり」もヤフオクやフリーマーケットなどで入手したものばかりですので出所に関しては一切関知致しませんw しかしまぁ、我ながら守備範囲が広いw

こちらもどうぞ→「ボーディングパス」


日本航空:B737-800, B767-300, B777-200, B777-300, B747-400, A300-600R


全日本空輸:B727-200, B737-200, B747-400/スカイマーク:B737-800/エア・ドゥ:B767-300


トルコ航空:B737-800, A340-300×2/英国航空:B747-400/イベリア航空:A-321/ウエスタンエアライン:B737



怪僧ラスプーチン - ボニーM(1978年)
ロシアと言えばこれか、、、個人的にボニーMはサニーが好きです♪
  


Posted by アカトラ  at 22:12その他アカトラ

2016年12月30日

スコーピオンW2?

たぶん今回が本年最終の更新になるかと思われます。本年も当方のブログをご覧いただきました皆様、そして当店エフイーミルサープにてお買い上げいただいたお客様、誠にありがとうございました。来年はなんとミリブロ10年目!来年も宜しくお願い申し上げます♪

OCP(いわゆるマルチカム)のACUジャケットだと思い購入したものですが、よくよく確認してみると「スコーピオンW2(?)」でした。当方もまだまだ情報不足のアイテムで、発注会計年度も2012年なのでこの個体が現行の支給品と同様のスコーピオンW2なのかは断言できないのですが、とりあえず暫定的に以降「スコーピオン」としてご紹介致します。


上がマルチカムで下がスコーピオンになります。形状的に大きく異なるのは「襟周り」と「袖」のようです。スコーピオンの両胸にはマルチカムと同様にベルクロ(メス)が付いていたようですが外されています。もしくは、U.S.ARMYテープとネームテープを直付けしていたのかもしれません。中古品のようではありますが、使用感少なく状態は良好です。


左がスコーピオンで右がマルチカムになります。未だ両パターンの明確な違いを把握していないのですが、並べてみると細かい部分で異なっています。画像では判りにくいですが、スコーピオンはFR(FLAME RESISTANT/難燃仕様)ではないようで、いわゆるピンクがかった感じが無く、触った質感もNON-FR(通常のリップストップ)に近いようです。

上がスコーピオンで下がマルチカムになります。襟周りはどちらもいわゆる「チャイナカラー」ですが、マルチカムにはベルクロが付いているものの、スコーピオンはプレーンな開襟です。この辺はコストを抑えるために省略したのではないか?とも考えられます。しかし、2018年までに米軍の迷彩を統一させるという話はどうなってしまったのでしょうか?w


左がスコーピオンで右がマルチカムになります。スコーピオンのショルダーポケットはコンバットシャツのようなサイドポケットになっており、IRも同様の処理になっています。また、ポケットの取り付け角度が異なっているようです。ベルクロ(メス)の色も若干違うようで、スコーピオンはコヨーテに近い色味のような気がしますが、この辺は何とも言えません。


左がスコーピオンで右がマルチカムになります。マルチカムの袖口はベルクロ仕様ですが、スコーピオンは海兵隊MCCUUのような逆ボタン仕様です。ペンポケットは3本から2本に減り、肘当ても全面縫いつけでパッドは入りません。この辺も省力化されているように感じます。個人的には生地とショルダーポケット以外はマルチカムの方が好みですねぇ。


スコーピオンの正式採用は2014年のようですが、こちらの個体は「SPM1C1-12-D-1063」の2012年ロットです。現行の支給品を確認していないので何とも言えませんが、正式採用前のテストロットの可能性もあるような気がします。今後はスコーピオンがOCPで、マルチカムがOEFCPという名称になるようで、これまたUCP/ACU並に面倒ですw


某所にてJR貨物の「EF210-154」をパチリ♪ 吹田機関区(大阪)の所属機です。電車ばかりを見慣れているせいか、久しぶりに機関車を見ると威厳を感じます。しかし90年代以降はこういった顔が多いんですね。。。ELにはあまり思い入れが無いのですが、世代的にはEF58やEF66、地域的には北海道型500番台のED75やED76辺りがいいかなぁ。。。


さて、今年の年末も倉庫整理が完了致しました♪ まぁ、コレクションも相当数混ざっているのですが、一人で切り盛りしている「マンションメーカー」ならぬ「マンションショップ」ではこのぐらいの物量が限界ですよね。。。今年は年末のセール後に「不良在庫」をまとめて処分したのですが、ちょいと処分しすぎたようで若干スカスカになっちゃったかもかもw


当方事務所から眺めた29日夕方の富士山でございます。今年もアッという間でしたが、それでもイロイロとありましたw 最近の少子高齢化社会を見ていると、自分が年老いた時には映画「ソイレント・グリーン」のような「安楽死センター」みたいなものがあると非常に助かるのになぁと思う今日この頃、、、まぁ、人生観や死生観は人それぞれでしょうし、様々な弊害も生まれそうではありますが、「最後の砦」というか、「最悪はココで何とかしてもらえる」と思えれば、老後に怯えず「今」をもっと計画的に生きれると思うんですけどね。まぁ、自他共に認める変わり者で未だ独身野郎の当方が考える戯言なので軽く聞き流していただければ幸いですが、亡くなられた政治評論家の三宅久之氏も「子供が増えない事よりも年寄りがなかなか死なない事の方が問題」と言っていたようでして、個人的にはそれなりの時期に自分のケツは自分で拭きたいよなぁと思うワケです。。。つー事で、この年末の最終更新にダークな話で終わるのもいかがなものか?という事で下の動画でもお楽しみ下さい。一気にバブルへGo!w それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ♪



当方はギリギリ?「バブル世代」なんですが、上京したての貧乏学生だったのであまり恩恵はありませんでした。でも周りはイケイケドンドンなワケでして、当方も根拠の無い自信だけはあったもので「東京で一旗上げるべや!」ってな感じで馬車馬状態でしたが、今は想定外のこんな仕上りですw マハラジャか、、、上流階級が行くディスコだったなw
  


Posted by アカトラ  at 04:29衣類

2016年12月23日

セイントフォー

先日はユーティリティーシャツの「ジェットストリームアタック」だったのですが、今回はDCUジャケットの「セイントフォー」ですw 我々の世代なら「セイントフォー」を当然ご存知ですよね?w 平成生まれのナウなヤングの皆様はお暇でしたらググってみて下さいw

同一着用者の3CデザートDCUジャケットをまとめて4着入手しました。第4歩兵師団のいわゆるサンドイッチ仕様で武器科の准尉です。階級はCW3からCW4に昇級していたりしますが、サイズはすべてSMALL-SHORTでリップストップ、SPO-97〜03ロットです。
メインネタにしたものの、思ったよりも話が広がらないw つー事で後日エフイーミルサープにて販売致します♪ 価格は¥4,800かなぁ、最近仕入れ価格も高騰しているので。。。でも当店は「税込価格表示」で、¥10,800以上のお買い上げですと「送料無料」ですよ♪



さて、本日は仕入れをしてきました。何が入手できるかは「知力・体力・時の運、東京横断ウルトラ仕入れ」ですw 地べたに座り込んで自撮りの48歳、もはや後戻りはできませんw


しかし昨日から本日にかけて年末だというのに超暖かい。南風が吹き込んでいるようで、もう雲が低くてなんだか「夏の雲」っぽいです。メリークリスマス・イン・サマーですなぁw


本日の仕入れ内容はこんな感じ。当店エフイーミルサープの新入荷商品の更新は基本的に年内27日がラストですが、その後も暇を見つけてポツポツ出すかもしれません〜。


ハーレーダビッドソン風のスズキ・ウイングバッジを買ってみました。バタフライキャッチの直付けだと非常に不安定なので、裏側に土台的なものを噛ませたほうがいいようです。


年末なので軽くハードディスクの整理をしていたら懐かしい画像が出てきました。某ショップさんから店舗外観のデザインを依頼されて製作したラフスケッチなんですが、その後なんの音沙汰も無いのでたぶん(デザインうんぬんは別にして?)ボツったのではないかと思いますw 当方は基本的に平面(グラフィック)のデザイナーなので、3Dソフトも使えなければパースなんかもメチャクチャですし、建築や店舗デザインのセオリーやノウハウなども全く無知なわけですが、まぁとりあえずカタチだけのデザインはできるもので、、、w

見てお判りのように、米海軍の原子力空母をイメージした店構えです。「自分が実店舗を持つならどんな感じがいいかなぁ?」とも考えてデザインしたので、いわば当方の理想形だったりもするのですw つー事でショップ名を「F.E.MILSURP」に差し替えてみました。外壁表面はやはり「鋼」で、ボルトやリベットなどがむき出しの方がいいですよねぇ、、、耐久性とか腐食などは全く考えていませんがw 2階は事務所、裏側はガレージになっておりましてバイクや4輪が並びましてですね、、、などと妄想するのは非常に楽しいなぁwww

ちなみに現在、新規クライアント様のデザイン案件はお受けしておりません。納期に追われて徹夜続きとか、クライアントの理不尽な要求とか、デザイン料も下降の一途でしょうし、まぁ当方の力不足も多々あるのでしょうが、もうこの歳になるといろいろ無理はしたくないんですよねw 当然ながら収入は激減するわけですが、誰にも文句を言われず、マイペースで好き勝手にデザインしたTシャツなんかを作って、「気に入ってくれた人だけ買ってくれればそれでいいッス♪」的なスタンスがデザイナー的には非常に幸福だったりしますw


さぁ、明日はクリスマスイヴ。皆様も彼氏や彼女、ご家族なんかとケーキを食べるのでしょうか。そんなこの時期にコンビニでこんなモンを発見、、、「モン」という表現は失礼に当たるのでしょうか? いやいやそんな事はないハズ、、、まだ食べてはいませんけどねw



Merry X'mas Show 1986 - MERRY X'MAS IN SUMMER
1986年か、、、オレは17〜18歳、桑田も若けりゃみんな若いw オレはちょうど上京した頃、日本はバブルで有頂天、そして昭和から平成へ。あぁ、こんな日本に誰がした、、、w
  


Posted by アカトラ  at 21:25衣類その他アカトラ