2017年09月07日

工具バッコーン

しっかし天気悪りーなー寒いし。部屋にはカメムシ飛んでるしw つー事でブログを更新w


再び「バイクいじり」が活発化しておりますが、従来から使用している米軍放出の工具箱はデカくて重い! っつー事で、世田谷ベースでも紹介されていた「TRUSCO」の工具箱を買ってみました。アマゾンでお値段なんと1,309円! 安い!w 工具箱の色と言えばやはり「Snap-on」や「Mac Tools」などのような赤が定番ですが、ウチはやっぱODですよねw


使用頻度の高い工具だけ入れて、その他の物はバケツに入れて運びますw 何と言っても事務所はマンションの12階、バイク置き場は当然1階、そしてエレベーターは1基だけでして、「あ!アレが無い!」といって何往復する事もしばしばw 某NSRマニアはマンションの室内で車両を組み上げ、エレベーターに竿立ち状態で入れて搬出したそうですがw


こちらは従来の米軍放出の工具箱。今後は大型の工具やパーツ、ボルト/ワッシャー/ナットなどの部品ストック用として使用します。HMM-262(第262海兵中型ヘリコプター飛行隊/現在はMV-22オスプレイを運用するHMV-262)が使用していたもののようで、元々は赤だったようですが、空軍兵士(整備士)が迷彩にペイントした物のようです。


ウルフ250にNSR250-SP(MC21)のマグテックホイールを入れたいなぁと考えている私ですが、ロードライダー9月号の某店広告に「BITO R&D」のRGV250Γ用マグタン・ホイール(特注品?)が掲載されておりました。しかしまぁ、大型車やレース用ならまだしも、約30年前の街乗りメインの250ccに約38万円のマグホイールは有り得ないッス、、、w


ウルフ250のジェネレーターカバーを開けてみると、、、さすがに約30年前の車両、サビサビで超汚い。出来る事なら全バラして全てのパーツを洗浄&磨き上げたいぐらいですw


つー事で、軽くメタコンで磨きました。まぁ、外から見える部分ではないのでこんなモンでいいでしょう、、、このぐらいで我慢してくれw メンテナンスというよりも「愛」ですねw


先日、世田谷区/淡島通りの郵便局で郵便物を発送して外に出たところ、何やら報道陣に囲まれながらやってくる一団に遭遇。え? こんな所で? 誰? 政治家? と思いつつ凝視していたら最近話題の「松居一代さん」でしたw おもいっきし松居さんと目が合いましたが、、、w しかし芸能人も、それを追いかける記者の皆様も大変な仕事ですわなぁ。。。

画像:「松居一代オフィシャルブログ Powered by Ameba」よりお借りしました。



Tokyo Girl : JOLEEN(1988年)
ご存知の方はほぼ皆無かと思われますが、、、1988年当時に「ゼロックス」のCMに使用された曲でありまして、作曲はあの「オーバー・ナイト・サクセス」や「DJ・イン・マイ・ライフ」をプロデュースした「ジョーイ・カーボーン氏」なのです♪ カーボーン氏とは当方も間接的に絡みがありまして、、、もしかするとすれ違いぐらいで会った事があるのかもなぁ、、、w



XEROX ハンディ転写マシン 写楽(1988年)
そしてそのCM。踊ってるのは「あの「松下由樹さん」ですよーw 若い&カワイイっすねw
  


Posted by アカトラ  at 18:14装備その他アカトラモーターサイクル

2017年09月03日

GENTOS LEDセーフティバンド

やっと、、、東京の天気もマトモになってきたのでしょうか? つーか夜とか結構寒かったりするんですが、、、訳がわからんうちにもう秋なの? あっという間に冬になって正月かw

GENTOSの「LEDセーフティバンド」を買ってみました。本来はジョギングやサイクリング用などの視認性を高める発光バンドなんですが、当方はバイクヘルメット用に使用してみます。色は赤・青・緑と各色切り替え可能なものがあるようですが当方は緑にしました。

裏側に両面テープでベルクロのオス側を貼付けまして、さらにベルクロの脱落防止用に両サイドをタイラップバンドで固定しました。白のタイラップだと光が透過するので影になりません。できれば電池ケース部分までベルクロを伸ばした方がいいとか思われます。


ヘルメットにはベルクロのメス側を付けます。両面テープだけでは不安だという場合にはダクトテープなどで補強しましょう。当方はとりあえず手元にあったODのダクトテープを使用しましたが、やはりヘルメットの色に合わせたものを使用した方がいいですねw


LEDは「点灯」と「点滅」が選べます。これで後方車両に注意を喚起する訳ですが、道交法的には車両以外(衣服等)に発光体を装着するのは問題無い(らしい?)です。ベルクロも高速走行などをしなければ簡単には外れないかと思われます。(保証はしませんw)

ウルフ250 プチプチカスタム

Galindoの「SUPER BIKE GRIP」です。今まで乗り継いできたバイクにはほとんどこのグリップを付けておりましたが、最近ではなかなか入手が困難なようです、、、特に黒。


つー事で何かのついでにバイク屋さんで付けてもらおうかと思っていましたが、当分行く予定もないので自力で付けてみたのです。抜くのは簡単ですが入れるのに一苦労w


中澤製作所のクイックイニシャルアジャスターです。対応車種にRGV250Γ(VJ21A)及びウルフ250用はありませんでしたが、サイズを計測したところイケそうだったので購入。


想定通りに装着できました。別にレースをする訳でもないのでシビアな調整も必要無いのですが、まぁ気分の問題なのでw つーか、センターナットの劣化した青が嫌だな。。。


RGV250Γ(VJ22A)用のリア・ブレーキマスターシリンダー・ガードです。マスターシリンダーの取り付けピッチはVJ21Aも22Aもたぶん同じだべ? つー事で中古パーツを購入。


こちらも想定通りに装着できました。ただボルトは長めの物に変更。特に意味は無いっちゃ無いんですが「気分の問題」なのでw やっぱ軽ーく黒で塗装しないとダメだなぁ。。。



Christine McVie - Got A Hold On Me(1984年)
日曜の夕方はまったり系で♪ あー晩飯どーすっかなー、もうローテーションも飽きたw
  


Posted by アカトラ  at 19:15その他アカトラモーターサイクル

2017年09月01日

久しぶりにパッチ付きBDU

久しぶりのパッチ付きジャケットです。もはやパッチが多数付いた個体にはなかなか出会えなくなってきました。ACUだと縫い付けのスキル徽章以外は外されてしまいますし。。。


米陸軍・第82空挺師団所属の特技兵で、1st CIBとベーシックパラを取得しています。同師団にて実戦参加有り。BDUジャケットのコントラクトナンバーは判読不可です。


米陸軍・歩兵学校所属の二等軍曹で、1st CIBとベーシックパラ、エアアサルトと共にRANGERタブを取得しています。第75レンジャー連隊/第2大隊にて実戦参加有り。BDUジャケットのコントラクトナンバーは「SPO100-02-F-CA02」です。


米陸軍・第82空挺師団所属の三等准尉で、シニアアビエーションとベーシックパラを取得している事から、航空戦闘旅団などのヘリコプターパイロットではないかと思われます。DCUジャケットのコントラクトナンバーは「SPO100-04-F-0341」です。


米陸軍・第93通信旅団に派遣された?米空軍・中央コマンド所属の上等航空兵です。DCUジャケットは「ADVANTAGE WEAR(RN106940)」社製の民生品流用です。

RN(Registered Identification Number)
ミリタリーアイテムのラベルを見ると、コントラクトナンバーやNSNナンバーの他に「RN」から始まるナンバーが見受けられる事がありますが、これは「Registered Identification Number/登録識別番号」といいまして、このナンバーから製造業者などがわかる仕組みとなっております。基本的に軍支給品には表記されないようで、主に民生品アイテムに表記されております。上記のDCUジャケットは製造業者とRNナンバーが併記されておりますが、RNナンバーのみの場合もあります。以下は「US アパレル by MCIC」より引用。


製造業者・輸入業者・ディストリビューターまたは販売業者・マーケターなどの製品販売責任を持つ企業の名前をラベルに記載する必要があり、それを簡素化するために、それらにかかわる業者は、RN番号を取得し、その番号を記載できるようになっている。

●米国企業および海外企業は、企業名をそのまま記載するか、またはFTC(連邦取引委員会)登録番号『 RN(Registered Identification Number)』を記載するかの2通りの方法がある。

①企業名表記では、ブランド名や商標名ではなく必ず企業名を記載する。
②輸入品の場合は海外の製造業者名.輸入業者名・卸業者名・または小売業者名のいずれかを記載する。
③RN 番号を使う場合は、事前にFTC(連邦取引委員会)に登録を申請する必要がある。
④FTC(連邦取引委員会)HPでオンライン登録申請をするか、申請書を郵送またはFAXを送信する。
⑤RN 番号はFTC(連邦取引委員会)データベースに収められる。
※これらはラベル表示の際に、社名を書くよりスペースをとらずに済むといったメリットもある。
しかし、米国販売の為にRN 番号を取得する義務はないとある。あくまでも推薦である。
⑥今では、ブランドURLのみを記載している企業も多い。

なんとなーく「カワサキZXR400」用のサイレンサーステーが「ウルフ250」に流用できるんじゃないか? という「希望的観測」でとりあえず中古パーツを買ってみました。もちろん事前にフォトショップでサイズやバランスなどの想定はしましたが、あとは「勘」ですねw


タンデムステップステーをぶった切って溶接で繋ぎ合わせた加工済みのリア・シートレールに当ててみます。「あー、いい感じかも〜♪」 でもまだまだ「絵に描いた餅」状態です。


実際の車両に当ててみます。若干オイルタンクを浮かせないとならないかもしれませんが何とか付きそうです。これでうまくいけば非常にリーズナブルな感じで処理できます♪


外装も付けるとさらにいい感じです♪ バイクのカスタムもクリエイティビティが必要ですねw でもまぁ、サイレンサーステーはある程度流用しやすいパーツではありますが、、、w


問題はサイレンサー取付け部分を曲げ加工(青ライン)しなければならないのですが、ZXRのステーは厚さがなんと4mm!さらに素材はアルミではなくステンレス?ぽいです。穴あけは何とかなるとして、曲げ加工さえクリアできれば自力で付けられるのだが。。。

80年代の整髪料といえばやはり「DEP」が定番?なんですが、当方の場合はパンクスでもないのに髪をバキバキにおっ立てていたので「VO5 SUPER HARD」を1週間に1本とか使っていたような気がしますw まぁ職員室に呼ばれて担任につぶされるんですけどねw
こちらより画像をお借りしました ▶︎ old days 昭和テイスト!



Taylor Dayne - Don't Rush Me
テイラー・デインはアマゾネス系というか、マッドマックスに出てきそうなイメージっすw
  


Posted by アカトラ  at 17:00衣類モーターサイクル

2017年08月27日

徒然に本日の日記(バイク用ヘルメットネタ)

風邪もだいぶ小康状態かなーっつー事でなんとなく更新してみます。でもくしゃみが。。。


昨年導入したOGK Kabutoの「Kazami」ヘルメットですが、カタチはカッコイイですし機能的にも優れているのですが、実際に使用してみて思ったのはとにかく「デカくて重い」という事。。。直立姿勢の原チャリではさほど気にならなかったですが、ウルフ250の前傾姿勢で使用すると結構首が辛い(当方は首が細くて長いw)、、、つー事で最近はWINSの「A-FORCE CARBON」が気になっております。軽量のカーボン製でありながら実勢価格は¥30,000強という超激安、さらにMFJ公認でSG/PCS規格も取得という優れもの♪


結局のところ実際に被ってみなきゃわからんよなーつー事で、環七の「2りんかん」へ行ってきました。がしかし、「当店では置いておらず取り寄せになりますー」との事、、、マジか。


手ぶらで帰るのもなんなのでステッカーを1枚買ってきましたが、、、なんだかな〜90年代の走り屋小僧っぽい気もしないではないw あのキツネの尻尾は何だったのだろうか?w


でもって、ネットでヘルメットをいろいろ物色していると謎なヘルメットを発見!w カタチはSIMPSONの「SUPER BANDIT」そのものですが、価格は驚きの¥9,800(さらに税込みw)まぁ中華製のパチモンなんでしょうが、¥9,800ならお遊びで買ってもいいかなーw


以前に愛用していた「SUPER BANDIT 5」(本物)です。走行中の写真なのでブレブレですが、カラーは自家塗装でベースはOD、フロントにはシャークティース、両サイドには旭日旗、トップには稲妻マークという下品極まりない感じですw でもまた作りたいなーw



Bon Jovi - Livin' On A Prayer(1986年)
いやーなついっすね。この曲も聴きまくったなあ。そんなジョン・ボン・ジョヴィも55歳かw
  


Posted by アカトラ  at 20:35アカトラモーターサイクル

2017年08月26日

月曜から営業再開しまっす

そろそろミルサープの営業を再開しよっかな〜と思いつつ、このタイミングで風邪をひいてしまったのでもうちょいお休みしますw(月末も近いのにそんなんでいいのか?w)つー事で28日(月)からの営業再開ですかね。。。ただ、仕入れもイマイチ行っていなかったので新商品のアップは不定期になるかと思われます。。。現在、マイブームがバイクと80'sダンスミュージックなのでミリタリーと鉄道が置き去り状態ですがそのうち復活しますw

新商品も少量は入荷しておりますが、ベーシックなものが多いですかね。ミリタリー衣料は秋口から冬にかけてが勝負なので夏場はお手上げ状態ですw 来月も所々でお休みをいただきますが、基本的には通常営業に戻れるかと思います。あ〜今年はしんどいw


ウルフ250用にRGV250Γ(VJ21A)のクランクケース(エンジンパーツ)を購入しました。訳あってエンジンのオーバーホール時に交換するためのストックです。基本的にはガンマ用ですがウルフにも合うハズ、、、でもスズキだからなぁw あぁ旧車は手間がかかる。。。


送料を含めても¥2,900!安いw まぁエンジンのオーバーホールはまだまだ先ですが、ミリタリーアイテムと同様に「ある時に買っとけ」って事ですw 色も黒ですし、状態も外見的にはそこそこ良好♪ しかし2ストは構造がシンプルですね。自分でも、、、できないよなw


ブックオフで「MAHARAJA 30th Anniversary BEST 80's DISCO」を見つけました。定価が¥2,500、アマゾンで新品が¥2,290なのに対し、中古で¥1,750円とか、、、「せめて定価の半額にしろよ」とかブツクサ言いながらも結局買ってしまいましたw 収録曲はすでに様々なCDに入ってるものばかりで今さら買う必要もなかったのですが、こういったCDのもう一つの楽しみは担当DJによる「ノンストップミックス」なんです。このCDのミックスDJは「DJ BOSS氏(横田商会)」だったのですが、まぁ正直なところイマイチでしたねw 何らかのコンセプトがあったのかもしれませんが、「この程度の繋ぎなら俺でもできるわ」って感じですw 「マハラジャ」の冠を出すならもっと臨場感が欲しかったですねー。ちなみに当方も某所にて80年代ディスコのDJをやってますが、、、聴きたい人いますかね?w


80年代ユーロビートのノンストップCDは各社から多数リリースされていますが、個人的にオススメなのは「MAHARAJA NIGHT VOL.13 NON-STOP DISCO MIX EURO CLASIXX EDITION(1995年発売)」です。収録曲は別としましても、ミックス自体はサンプリングがビシバシ入っており非常に臨場感が感じられる仕上りです。ただ一つ問題なのは「キーロック」がかけられていない? ようでして、ボーカルの声が多少早回りに聴こえる場合があるようですが、まぁそれも臨場感の一つと考えれば納得できますw ノンストップミックスは@社内スタッフによるものでしょうか? まだプレミアもついていないようで、アマゾンでも中古品がお求めやすい価格なので気になる方は是非お買い求めを、、、w


この禁煙ファシズムの中、いまだにタバコを吸い続ける、クズでカスで無能で社会の底辺のDQNなクソ野郎の「死ねばいいのに」と言われるニコチン中毒の劣等市民なワタクシですが、先日コンビニでラッキーストライクの新製品(廉価版?)を見つけまして、 14/10/6の3種類がありましたがとりあえず「14」を買ってみました。若干弱い感じもしないではないですがそこそこイケるもので、なんと言っても価格が従来の¥460に比べ¥400というのは非常にありがたいワケです。個人的には一箱¥500を越えたらタバコは止めようと心の中で決めていたものの、これでまた当分は反社会的劣等人種状態が続きそうですw

そーいや高校時代にはこのシャンプー&リンスを使っておりまして、なんといってもネーミングが「TOP BOY」というのも今ではちょっと寒い感じですが、雑誌「FM STATION」と共に鈴木英人のイラストは当時田舎のナウなヤング達をシテーボーイ気分にさせていたのですw スプレー式のリンスは無くなったらそこに「オキシドール」を入れてプシュプシュやってたわけですが、つまりオキシドールを髪に付けると脱色される(らしい)のでしたw



80’s disco 東京MAHARAJA - 東亜会館スペシャル
やっぱ俺もこのぐらいのMCができなきゃダメだなw まぁ、「ナンチャッテDJ」なのでw
  


Posted by アカトラ  at 19:03衣類その他アカトラモーターサイクル