2008年09月17日

海兵隊MOUT用BDU

ん〜、なんとなく風邪をひいたような気がする。。。

海兵隊が試験的に使用した、
MOUT(Military Operations in Urban Terrain)用のBDUです。
簡単に言えば市街地戦闘用の迷彩戦闘服といった感じですかね。
結局、採用されなかったんですよねぇ?


ジャケットです。MOUTカラー専用のU.S.MARINESテープが付いておりまして、
実際に海兵隊で使用されていた物のようです。


ジャケットのラベルです。
DAAN02-98-P-8960, STEPS,INC.
気がつけば、もう10年前に発注されたアイテムなんですね。。。


こちらはトラウザー。
ジャケットと同様の素材ながら、こちらの方がソフト?な感じです。


トラウザーのラベルです。
DAAN02-98-P-8958, GOODWILL INDUSTRIES OF SOUTH FLORIDA, INC.
国内で入手しやすいのはこちらのロット品でしょうか?


当方所有のジャケットとトラウザーではボタンの色や質感が違うのであります。
左がジャケットで右がトラウザー。




同じカテゴリー(衣類)の記事画像
砂漠の嵐作戦/DBDU
毎年恒例? カレンダー祭りw
再び「27 TASS」ユーティリティシャツ
本日の仕入れ〜
商品準備中〜&Tシャツ販売中〜♪
Tシャツ再生産
同じカテゴリー(衣類)の記事
 砂漠の嵐作戦/DBDU (2018-12-07 21:04)
 毎年恒例? カレンダー祭りw (2018-11-25 18:08)
 再び「27 TASS」ユーティリティシャツ (2018-11-09 19:24)
 本日の仕入れ〜 (2018-10-14 22:51)
 商品準備中〜&Tシャツ販売中〜♪ (2018-10-01 21:05)
 Tシャツ再生産 (2018-09-19 05:55)

Posted by アカトラ  at 22:08 │衣類

この記事へのコメント
最初に、このパターンを見た時は、ピクセルよりも格好良く見えたのですが、
ACUに目が慣れてしまった今は、やはりピクセルの方が格好良く見えます。
(なにより、ACUは都市型迷彩の決定版!ってイメージ強いので。)
Posted by オースティン・DEOビス at 2008年09月17日 22:19
冷戦終結により、軍備予算削減で軍内部では、予算確保ため、試行錯誤されていた時期です。赤外線対策用軍服、など試作のオンパレード。
 ww2ドイツのゲーリングの配下の空挺部隊のデザイン似ているということでコテンパンに苔おろされた作品です。そのあとは、従来の迷彩に変更になりました。服のデザインでカッテングすることによって、迷彩バターンが決まってしまって、目立つということ。また、市街戦では全然役に立たないという事が判明したのでもっと、細かい、迷彩服移行に変更になりました。東ドイツのレインカモが見本という話あり。制式にアフガン、イクク戦争の兼ね合いに砂漠迷彩に移行。 あの時のペンキ紛失事件で、アサヒペンキの株持っていたら、大金持ちになっていたかも^^;
(イラクに突入するため サンド色塗料が、一斉に日本国内から紛失して、ペンキを扱うものを慌てさせました)
Posted by びっとまん at 2008年09月18日 00:29
オースティン・DEOビスどの
ん〜、、、個人的にはACUはNGなのです(笑&汗)
どーにも強そうな兵隊に見えない。。。
パターンはともかく、色味次第だと思うんですけどねぇ。

びっとまんどの
MARPATをグレーにする事は考えなかったんですかねぇ?
まぁ、今の主戦場が市街地とはいえ砂漠ですから、
MARPATのデザートで十分なんでしょうね。。。
Posted by アカトラアカトラ at 2008年09月19日 19:32