2018年04月10日

モーターサイクル・Tシャツ/サンプルアップ

モーターサイクル・Tシャツのサンプルが上がってきました♪ 個人的になかなかいい感じだと思うのですが、ホントに限られたマニアしか買わないだろうなぁ、、、w

ブランド名は「M&T PROJECT」で、今回は各社2ストロークマシンの「形式番号」をモチーフとした「2-STROKE JUNKIES」シリーズとして10種類を制作致します。初回ロットは各種「S×2, M×3, L×3, XL×2」での合計100枚になります。

NSRやTZR、RGV-Γ等の車種名は各メーカー様により何らかの商標登録がされているものと思われますので、今回のデザインにはそういった車種名は一切含まれておりません。当商品は現時点において、各メーカー様の商標権及び著作権、意匠権等には抵触しない範囲内でのデザインと認識させていただいております。

追記
車種名は商標法の「国際分類」に照らし合わせますと、Tシャツのデザイン(国際分類-25:被服及び履物)においては「一概に使用できない訳ではない」という内容も理解致しております。しかしながら、当方としましては一般的に認知されている他社様の商品名を利用して、それを単純に自己の利益に結びつけるという「あざとい」倫理観はいかがなものかとも考えております。今回の商品(デザイン)も結果的には他社様の商品(オートバイ)に便乗したものにはなりますが、あくまでも他社様の商品を尊重した上で、一部のマニアにしか理解できないであろう「形式番号」を使用させていただきつつ、法的にも問題の無い商品を目指しました。

ラインナップになぜカワサキのKR250やKR-1は無いのか? と思われるかもしれませんが、KR系の形式番号は「KR250A〜C」と、ほぼ車種名と同じですので今回は見送らせていただきました。今後の状況等により検討させていただきます。


Tシャツボディは「United Athle」の5.6オンス、カラーは黒になります。プリントはシルクスクリーンの前/後各1色で、画像では白く見えますが実際には若干シルバーがかった薄いグレーです。あえてザラザラな「擦れ感」を出しております。
販売開始はゴールデンウィーク前を予定しておりますが、販売開始の際には改めてこちらのブログにてご案内させていただきます。初回ロットはとりあえず「ヤフオク」のみでの販売となり、販売/発送業務等に関しましては当方の地元の友人ショップである「move」さんに委託する形となりますので、当店「エフイー・ミルサープ」での取扱いは一切ございません。条件付きながら「業販/卸売り」も可能ですので、ご興味のある業者/ショップ様は以下のメールアドレスまでご連絡いただければと思います。<有限会社アカトラ/担当:三浦/info@akatora.net>

●企画/制作/デザイン : 有限会社アカトラ(東京都目黒区)
●販売/商品管理/発送業務 : move(北海道札幌市)


左=ホンダNSR250R(1988年〜/MC18)イメージ
右=ホンダNSR250R(1990年〜/MC21)イメージ


左=ヤマハTZR250(1985年〜/1KT/2XT)イメージ
右=ヤマハTZR250(1989年〜/3MA)イメージ


左=スズキRG250Γ(1983年〜/GJ21A)イメージ
右=スズキRGV250Γ(1988年〜/VJ21A)イメージ


左=スズキRGV250Γ(1990年〜/VJ22A)イメージ
右=ホンダNS400R(1985年〜/NC19)イメージ


左=ヤマハRZV500R(1984年〜/51X/1GG)イメージ
右=スズキRG500Γ(1985年〜/HM31A)イメージ

※表記スペックは年式等により異なる場合がございます。

★★★★★



Europe - Love Chaser(映画/プライド・ワン)1986年
確か、映画館に観に行ったなぁ。当時のバイクは「スズキRG50Γ」でしたがw
  


Posted by アカトラ  at 18:07衣類モーターサイクル

2018年04月07日

ワン・セブン・スリー「スカイソルジャーズ」

いやーしっかし花粉が凄くないすか? ヒノキ花粉が去年の400倍!? とからしいですねw しかしながら当方は「アレルギーの総合商社」なんですが、なぜか花粉は問題が無いのです。原チャリはいわゆる「ゲタ」なので駐車場に雨ざらし状態で停めておりますが、シートには明らかに花粉が積もっているのがわかるぐらいで指で文字が書けちゃいますw さすがにウルフ250にはカバーを掛けておりますが。。。

★★★★★

米陸軍・第173空挺旅団のナム戦スーベニアジャケット? を入手しました。横振りミシンの職人によるハンドメイド刺繍ではありますが、まぁたぶん「当時物」ではなくタイなどで最近に刺繍されたリプロ品ではないか? と推測します。しかしながら当時物ではないという確証も無いのでこればっかりは何とも言えませんねぇ。。。


前面には刺繍が入っておらずプレーンな状態なので、当方が着用するのであればこんな感じにカスタムしたいなぁとも思うのですが、やっぱサイズがちょいデカイ、、、特に袖丈が長いです。つー事で直し屋さんなどで袖丈などを詰めて自分用にしようか、それとも断腸の思いで? 売り物にしようか考え中でございますw


UCPのACUトラウザーですが、在庫を整理していたらカーゴポケットがベルクロの物とボタンの物がある事に気付きました(今さら?)w インセクトガードも随時追加されたようですが、まぁあまり興味が無いのでどうでもいいですw ちなみに左はSPM100-05(2005年ロット)、右はSPM1C1-13(2013年ロット)になります。

★★★★★


当方は外出用とPC用に二つのメガネを使い分けていますが、どちらもそろそろ作り直さなきゃなぁと思っていた所、昨日たまたまZoffの前を通ったのでとりあえずPC用を新調してみました。ホントは外出用を先に変えたかったのですが、まぁPC用ならZoffで十分か、、、といった感じです。まだ何とか老眼鏡の必要は無しw

★★★★★


先日バンディット1250のカウルを装着した当方のウルフ250ですが、カウル下側の「フレーム丸見え」がちょっと嫌なワケでして、「目隠し用」に0.5ミリ厚の塩ビ板(黒)を買ってきました。このGWにでもDIYカスタムしますw やっぱ1200ccから250ccに乗り換えると250は「オモチャ」的な感覚で別の楽しみがありますねw


原宿で見掛けた謎のバイク。エンジンには「HYOSUNG」の表記があるのでフレーム形状から追いかけるとたぶん韓国の「ヒュースンGT250R」ベースのネイキッド(ストファイ?)カスタム車と思われます。以前この場所には「スズキ・グース(250?)」のカスタム車が停まっていたんですが、、、乗り換えたのでしょうか?w

★★★★★



氷室京介×布袋寅泰:NO.NEW YORK
最近、仕事絡みで高校時代の友人と連絡を取り合っておりまして、当時の私は基本的に「洋楽」のイメージだったらしいのですが、ある日突然「BOØWY」のLPレコードを持って校内をウロチョロしていたのが印象に残っているらしいですw BOØWY、MODS、レベッカ、ラウドネス、44にシェイカー、、、懐かしいなぁw
  


2018年03月30日

バイク(ウルフ250)ネタ

このところモーターサイクル系のTシャツデザインで事務所に引き蘢りの当方ですが、次回ぐらいにはご紹介できるような気がしますw 2サイクルマニア必見!?w


ウルフ250のプチカスタムが終了し手元に戻ってきました♪ ただ塗装屋さんが混んでいるようでして、各部の塗装は梅雨時期にお願いする事となりました。バンディット1250用のカウルが浮いていますが、、、この部分も黒に塗装予定です。


ヘッドライトをマルチリフレクター&LED化しました。フロントのブレーキマスターシリンダーはニッシン製のラジアルタイプに交換。ブレーキの制動力はノーマルでも特に問題は無かったのですが、ハンドルの垂れ角を上げるための措置ですw


試行錯誤したバンディット1250のカウルもプロに任せればバッチリ装着♪ 欲を言えばもうチョイ前にずらしたいところですが、ハンドル切れ角を考えるとこれが限界です。さらにヤマハMT-07用のフロントフォークカバーも想定通りに装着完了♪


ウインカーとテールランプもLED化し、さらにハザード機能も追加しました。ハザードスイッチはデイトナ製の薄型タイプを使用。今までハザード付きの車両を乗り継いできたので、やはりハザードが無いといろいろと不便だったりするのです。。。


カワサキZXR400用から流用したサイレンサーステーも想定通りに装着完了♪ ノーマルの後部シートレールはサイレンサーステーを切断した上で、その部分に鉄板を溶接しており、オイルや冷却水のタンクは若干手前にオフセットしています。


塗装後の仕上りはこんな感じになるでしょうか。。。塗装個所はバンディット1250用のカウルとエンジン両サイドのカバー類、トップブリッジは塗装もしくはサンドブラスト、フロントフォークのボトムケースもOH時に色を変えたいところですねぇ。


ヤフオクで予備のシングルシートカウルをゲットしました。たぶん既にメーカー欠品パーツと思われ、内部構造が非常に破損しやすい造りなので現状の物も補修して使用しております。この予備も一部が破損していたため補修前提ですね。。。


バイク屋さんの近所のブックオフでこんな本も買ってきましたw マニアックバイクコレクションは「下の巻」とあるのでたぶん「上の巻」もあるんでしょうね。しかし、80年代本って多いですよね、、、やっぱ日本が最高潮だった時期だもんなぁ。

★★★★★



松任谷由実:Hello, my friend
季節的に「春よ、来い」にしようかと思い検索していたら、こっちの方が気になりましたw 1994年の「君といた夏」というドラマのテーマ曲だったんですよね、観てたわ。あれから約25年か、、、いしだ壱成はともかく瀬戸朝香は変わらんなぁ。
  


Posted by アカトラ  at 19:21その他モーターサイクル

2018年03月23日

フルカラーパッチ付きユーティリティシャツ

う〜年度末は様々な支払いが多くてたまりません。。。でもって最近はモーターサイクル系のTシャツデザインに集中しておりまして、日々PCに張り付き状態です。

★★★★★

フルカラーパッチ付きのユーティリティシャツが若干数入荷しました。まぁどれもそれなりの中古品ですが、よくよく考えれば既に約半世紀前の物ですからねぇ。

共に初期型(1st)の「第4機甲師団」所属兵士の物です。ちなみに第4機甲師団は1972年に非活性化(閉隊)されており、ベトナム戦争にも参加しておりません。

共に中期型(2nd/袖タブ無し)の「在ベトナム米陸軍」所属兵士の物です。ネームや階級などが同じですので、たぶん同一の兵士が着用した物と思われます。

上の初期型(1st)は「第2軍団」、下の後期型(3rd)はMACV(ベトナム軍事援助司令部)所属兵士の物です。後期型の3rdタイプは何気に数が少ないですね。


上記のアイテムは後日「エフイー・ミルサープ」にて販売予定でございますー♪

★★★★★


当方のマンション上空は米軍/自衛隊/官庁/民間などのヘリコプターがブンブン飛びまくっているのですが、久しぶりにベランダから陸自の「CH-47JA? 」を撮影してみました。タンデムローター機ですが、思いのほかうるさくはないですw


春めいてポカポカしてきたなぁと思いきや、先日はガッツリ雪が降ったりの東京地方ですが、本日は久しぶりに富士山がクリアに見えていたので「白富士」をパシャリ。ウルフ250もそろそろ仕上がるようでして、早くパワーバンドにぶっこみたいw

★★★★★

最近の若者は「8cm CD」なんて知りませんやねぇ、、、などと思いつつ、先日購入したブレンボの? 「ブレーキキャリパー・キーホルダー」を挟んでみました。特に意味はありませんw 仕事では「3.5inch MO」が主流でしたが、こちらも絶滅w

★★★★★



Eddy Grant - Electric Avenue(1982年)
この曲はふと口ずさんだりしていたのですが、「誰の曲だっけか?」と思いつつも特に気にはしていなかったのですが、たまたま「つべ」で見つけたので貼ってみるw 久しぶりに聴いたら超懐い♪ 1982年だったか、、、人間の記憶力って凄いなぁw
  


Posted by アカトラ  at 11:49衣類その他

2018年03月15日

M1950空挺ライフルケース

いやぁ、、、春めいてきましたねぇ♪ しかしながらオッサン的には季節の変わり目や梅雨などは結構辛いのです、、、いわゆる「低気圧男子」なのでしょうか?w 最近は新作のTシャツデザインを進行中ですが、今回はミリタリー物ではなくモータースポーツ(バイク)系ですので、ミリブロ的にはあまり関係無いと思われますw

★★★★★


M1950空挺ライフルケースが入荷しました。基本的に全て未使用のデッドストック品? のようですが、個体によって欠品パーツ(別体フックなど)があったり保管状態が様々ですので、これから細かい部分の検品作業及び値付けを致します。


「M1950」のモデル名が示すように1950年に正式採用されたコットン製のもので、1990年代ぐらいまで? 使用されていたようですが、その後はナイロン製に替わりました。2010年代のSPMロットなどでも色はOD(FG?)のままのようです。


内側はフェルト地?になっており、M16A1はM203グレネードランチャー付きでも余裕で収納可能です。エアガン/モデルガンの自宅保管用や、リエナクトイベント、サバイバルゲームなどでのキャリングケースとしてもいいかもしれません。


この個体はたまたま1980年ロットでしたが、入手品をざっくり見てみたところ、ナム戦初期のDAロットなども含まれているようです。何ぶん1950年の採用品ですので、細かい部分でいろいろとマイナーチェンジがされているかもしれません。


上記のアイテムは後日「エフイー・ミルサープ」にて販売予定でございますー♪

★★★★★


いろいろ整理してたら学生時代の定期券が出てきましたw 当方が上京して初めて住んだ街は中央線の「荻窪」でして、当時はバブル絶頂期でしたが当方は玄関・トイレ共用の風呂無し六畳一間、家賃は¥28,000のいわゆる「貸間」でしたw それよりも何よりも注目は一番下の定期券です。「昭和」は昭和64年1月7日までですので、1月10日まで有効のこの定期券はもしかするとレア品なのかも?w


たぶんデザイン学校の学園祭か何かの写真だと思いますが、、、普通の大学なら異質に思われるかもしれませんが、デザイン学校は頭のおかしな奴ばかり(いい意味で?w)なので、こんな格好をしてても特に違和感はありませんw そーいやナチスのコスプレをして通学してた奴が外国人にケンカ売られてたなぁ、、、今考えると超恐ろしいわ。。。デザインだけじゃなく世界史もちゃんと勉強しましょうw

ついでにディスコのメンバーズカードやメンバーズキーホルダーw 新宿や渋谷の物が多いですが、六本木などにも出没しておりました。しかし、マハラジャ/キング&クイーン/トゥーリアなどは限られた上流層が行くイメージが強く、当方はもっぱらスクエアビルが多かったですかねぇw 所詮は北海道のド田舎から出てきたばかりのお上りさんでしたからw しかし女性はいろいろと優遇されてたよなぁw

★★★★★



80年代 DISCO
オープニングは当時の映像のようですが、フロア映像は「CODE」で行われた「東亜会館ナイト」ですかね? オッサン、オバチャンばかりだしwww でも楽しそうw
  


Posted by アカトラ  at 19:13装備その他