2012年03月18日

アンダーアーマー・キャップ

えーーー本業及びプライベートで多忙を極めておりまして、特に「極東ミルサープ」の仕入れ作業及び新商品のアップなどが滞っております。当分の間は新商品のご紹介はできないかもしれませんが、現在ラインナップされている商品の販売は従来通り行っておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。あぁぁ、、、問題山積で頭が痛い・・・w


アンダーアーマーのキャップを購入してみました。今まではお気に入りの「ショウエイRSキャップ」をフルに稼働させていましたが、毎回毎回ショウエイってのもなーって事で、ローテーション用に新規導入してみました。キャップ類は安易にアメリカ製などを選ぶと、浅めに作られていてフィット感がイマイチということがありますので要注意ですー。


アンダーアーマーといえば元々はアスリート用のスポーツブランドですが、ご存知のように米軍部隊で使用されている高機能素材を使用したユニフォームなども有名ですね。このキャップは「アンダーアーマー AAL4344 UAアスレティックメッシュキャップ 」というタイプで、機能性素材により常にクールでドライな感じを持続させるらしいですー。


久しぶりに「U.S.プラトーン」を観てみました。正式な題名は「A BRIGHT SHINING LIE」といいまして、いわゆるあの有名な「プラトーン」とは何の関係もなく、なぜこういったB級映画的な邦題にしてしまうのかがいつも疑問なんですが、まあ販売戦略の一環として題名に騙されるお客さんを期待しているのでしょうけれども、、、(笑&汗)

さて映画のストーリーはと言うと、、、ノンフィクション物らしいのですが、まぁ良くも悪くもなく、ドンパチもそれほど多くないですし、最後はそんなオチで終わっちゃうの?という感じでして、個人的にはちょっと微妙ですかねぇ〜(笑&汗)

ただ、1962年〜1972年あたりのベトナム戦争が舞台ですので、前半はフルカラーパッチのユーティリティシャツや初期型ファティーグが続々と登場!中盤あたりからは後期ファティーグにサブデュードパッチへと変わっていきます。銃器もM14〜M16チューリップ〜M16バードケージ〜XM177など時代により変化します。南ベトナム軍部隊も多数登場し、さらに多数存在するベトナム戦争映画の中でも唯一ではないか?と思われる、MACV司令官「ウィリアム・ウェストモーランド将軍」が登場します!まぁ似てるかどうかは微妙ですが・・・(笑&汗)以上の事から時代考証もそれなりに行き届いており、たまにアレ?という部分も無きにしもあらずですが、まぁナム戦好きの方々であればそこそこ楽しめるかとも思います。パッチなどの着用参考資料としても良いかもしれませんー。



ウェストモーランド将軍は似てますかね?w





同じカテゴリー(その他)の記事画像
ネタが無いので本日の日記
ビクトリーショーやらなんやらかんやら
皇紀二六七八年・あけましておめでとうございます
本年も誠にありがとうございました♪
廃人クリスマス
師走の日々雑感
同じカテゴリー(その他)の記事
 ネタが無いので本日の日記 (2018-01-17 21:48)
 ビクトリーショーやらなんやらかんやら (2018-01-08 19:07)
 皇紀二六七八年・あけましておめでとうございます (2018-01-04 17:22)
 本年も誠にありがとうございました♪ (2017-12-30 22:27)
 廃人クリスマス (2017-12-25 15:41)
 師走の日々雑感 (2017-12-14 15:35)

Posted by アカトラ  at 23:37 │その他