2011年05月03日

自分用/第75歩兵連隊L中隊

先日、なかなか都合のいいグリーンリーフ・ジャケットが手に入らなく、中田商店のセスラー製レプリカを購入したと書いたのですが、たまたまヤフオクでサイズ/コンディション共に満足できるERDLグリーンリーフ・ジャケットを入手できました。ということで、、、自分用にちょいといじくってみましたが、まぁあまり洗濯すると色落ち&劣化しそうなので、イベントお出掛け用もしくはインテリア用ですかね?(笑)さて、余剰になったセスラー製レプリカはどうしたものかと、、、販売用にでも何か作るかなー(汗)


ベトナム戦争中の米陸軍/第101空挺師団所属/第75歩兵連隊L中隊仕様です。手持ちのパッチをかき集めて、なんとか満足いくカタチになりました。コントラクトはDSA-69。


私の場合ポケットのダブつきが嫌なので、ボタンを撤去してポケット自体をすべて縫い付けてしまいます。空軍のプロファイルスーツではこのような仕様をよく見掛けるのですが陸軍ではどうなのだろうか?いわゆるクラブ・カミーズ仕様ですね。


TCU(通称:ジャングルファティーグ)もそうですが、この斜めったポケットの場合、スキル徽章が隠れ気味になってしまうのがどーにもイヤ、、、バランス取りにくいなー。


左胸。CIB、降下章、パスファインダーは某K氏製のリーフ生地をベースとした手刺繍タイプ、LRRPタブもリーフ生地ベースでこちらは東京ファントム製のローカルメイド風。U.S.ARMYテープと第101空挺師団リーコンドーパッチは実物支給品。


右胸。リプロ品と思われる手刺繍の南ベトナム降下章にスタンプタイプのネームテープ、第75歩兵連隊のポケットパッチは東京ファントム製ローカルメイド風。


襟。階級は小隊長クラスの中尉に設定。地上戦闘チームのリーダーは2〜3等軍曹、5級特技兵あたりだったようです。少尉と中尉の階級章は棒が1本だけでイマイチ味気ない。。。


肩。左肩はリーフ生地ベースの第101空挺師団所属/第75歩兵連隊L中隊、右肩はVIETNAMタブ付きの第101空挺師団リバースタイプ。どちらも東京ファントム製のローカルメイド風。今はもう入手困難ですね、、、ヤフオクで見つけたら即ゲットです。

参考文献:U.S.ARMY COMBAT INSIGNIA(東京ファントム)

こちらもご覧あれ。。。
自分用BDU/米空軍TACP
  


Posted by アカトラ  at 16:22衣類