2017年06月04日

本日の個人的なバイク日記

本日はバイク(スズキ・ウルフ250)の戯言日記です。ミリタリーネタはございません〜w


バイクはある程度乗り回して、まずはその個体の特性を把握しないとならんのですが、本日は信号待ちでいきなりエンスト、、、「あれ? どーした?」と路肩に寄せ再び火を入れるもののすぐにストップ、、、「ありゃ〜、かぶっちゃったかなぁ? 結構ブン回して乗ってたんだけどなぁ、、、」と思いつつ、そーいやショップで「この車両はリザーブが早いんで注意して下さいね」と言われていた事を思い出す。「でも満タンからまだ70キロ程度しか走ってないぞ、、、」ってな感じでガソリンコックを「RESERVE」に、、、あ、復調しました♪w これでまたこのバイクの特性を一つ把握したワケですw 乗らない時は常にコックを「OFF」にしとかないとキャブレターがオーバーフローするもんで、まぁいろいろと面倒くさいっちゃ面倒くさいんですが、それもまた一興。「女」の面倒くささよりは全然マシです。とかなんとかw

しかしなぁ、回さないとかぶるし、回しすぎると焼き付くし。。。都内の街中だと1速で9000回転ぐらいが限界ですかね。パワーバンドに入ってビビってアクセル戻す的な、、、w なーんか20代に乗ってたKR250Sよりもピーキーのような気がする。。。当時は2スト250のレーサーレプリカで若者が多数死んだらしいですが、実際に乗ってみると「あぁ、こりゃ確かに死ぬわw」ってな感じですw 当方はもうオッサンなのでハイスピードや無理な運転はしない(できないw)のですが、しかしながらこのバイク自体が「エンジンを回さないと走って行かない」もので、「ゆっくり、のんびり〜」なんて走りはできませんw 信号待ちで並んだNinja250やCBR250R(単気筒)があっという間にミラーの彼方へwww 約30年落ちのバイクの方が絶対的に速いというのはどーゆー事か?w 局地戦闘機だよなぁw



Stryper - Calling On You(1986年)
いやぁ、、、「懐かしい」という言葉しか出てこないw 琴線に触れますなぁ♪
  


Posted by アカトラ  at 18:51アカトラ

2017年06月03日

M1ヘルメット・大戦型なんだか戦後型なんだか、、、

最近は入荷品の整理&調整とバイクいじりの日々ですが、来週は再び平日に1日だけお休みをいただきます。あ、トヨさん、例の件はもう少々お待ちを。銀狼クンは早く車検をw


M1ヘルメットの大戦型(らしい)個体を入手したので、戦後型(通称M2)とどう違うのよ? って事で、まずは紛らわしいアウターを検証してみました。他のショップ/マニアさんのHPなどを見ると、ベイル部分が溶接の固定式だと1941年7月〜1943年10月生産モデル、ベイル部分が可動式となってもシームの合わせが前だと1943年10月〜1944年11月生産モデルのようですが、問題は可動ベイルでシームが後ろのなった1944年11月以降のモデルでして、1944年11月以降の「大戦型」と「戦後型」を判断するには「微妙な形状の違い」しかない?ような気がします。当方の大戦型と思われる個体も上記の内容を当てはめると1944年11月以降の物と思われますが、現在のところ「確実に大戦型」と呼べる個体を持ち合わせていないので比較検討する事もできず、「大戦型」と判断しているのはあくまでも「雰囲気」だけなので、とりあえず他の戦後型と比べてみる事にしましたー。

★参考サイト
surpls office MANRYOU
D.M.Z. armyshade.exblog.jp







つー事で、大戦型と思われる物も含め、現時点で当方が所有する6個のヘルメットアウターのシルエットを撮影しました。カメラの位置/焦点距離等を固定してヘルメットもほぼ同じ位置/角度に配置しました。一番上の「A」が大戦型と思われる個体になります。


しかし結果はご覧の通りw 形状はほとんど変わりなく、大戦型と思っていたものは結局の所、戦後型だったのかもしれません。まぁサイドだけの比較ですが。。。でも目視だと明らかに他の5個とは異質に感じられるのですが、、、これじゃあブログネタにならないなぁw

ちなみに大戦型と思われる物のみベイルの溶接様式が異なっていました。ただこれが「大戦型」と「戦後型」を分ける物証とも言えず、もっと多くの個体を見て見ないと何とも言えません。。。大戦型と思っていた物は戦後型の初期の個体だったのかもしれませんねw


結局、収拾のつかないまま空振りネタになってしまいましたが、この大戦型と思われる物と戦後型の2個を画像のような状態で後日エフイー・ミルサープにて販売致します。ダックハンターのヘルメットカバーも実物なのかレプリカなのか判断つかないんだよなぁ。。。


当方のウルフ250にはとりあえずステッカーチューンを施しましたw サイレンサーに「Sugaya」、テールに当時物の「Castrol」です。Sugayaのサイレンサーから吐き出されるオイルはCastrolの「POWER 1 RACING」です♪ なーんかフェラーリとかジャガーに煽られるんですけどね、、、オイルでも飛ばしちゃったかな?w フェラ射にジャガ射とかw


でもってリアのサスペンションは「SP(スポーツプロダクション)」の物を付けているのでリザーバータンクが別体なのですが、どーもこのクランプでの装着方法が気に入らないw

つー事で、G-Craftさんのリザーブタンクステーを買ってみました。2種類あるのですがシートパイプにかませるので8の字タイプにしてみました。当然ながらウルフ用ではないので装着するにはカラーの製作など細々とした加工が必要なのですが、それもまた楽しみの一つであります。東急ハンズでバッチリ合う汎用パーツなどを見つけると満悦至極w


と思いきや、、、サイドカバーを開けてみたら、「うっ!オイルタンクが邪魔で付かねぇwww」別のタイプだったら付いたなぁ、、、とか思いつつ買い直すのもなんなので、さてどうしたもんでしょうかw 左なら難無く付くんですけどね、、、でもやっぱ右に付けたいよなぁと思いながら試行錯誤するのもこれまた楽しいのですw オイルタンク浮かせるかな?



BAY BRIDGE : 長渕 剛
90年代、バイクで走りに行く前によく聴いてました。いつも保土ヶ谷PA止まりでベイブリッジには乗った事無いんですが、、、w 久しぶりに土曜の夜の三京詣でもしてこようかw

オマケ/ちょっと昔の映像 -11- [1992]保土ヶ谷PA
  


Posted by アカトラ  at 21:14装備アカトラ

2017年05月25日

セールのお知らせ

今年もこの季節がやってまいりました。当店のセールは毎年5月と11月の最週末2回のみですので是非この機会をご利用下さいませ。なにぶんプライベートがいろいろとバタついておりますが、、、セール期間中は何事もありませんように。現在常にデフコン3ですw


2017年5/27(土)0:00から5/28(日)24:00までの2日間、当店エフイー・ミルサープの全商品が「20% OFF」になります。セール期間中も合計¥10,800(税込み)以上のお買い上げで「送料無料」となります。皆様のご利用を心よりお待ち致しております〜♪



商品がいろいろ入荷しました♪ 装備品関係が多いようですが、、、セールには間に合わないのでセール後の販売となります〜。しかし、、、ちょっと荷物運びしただけで腰が痛いw


つー事で「ウルフ250」がやっと納車になりました♪ ショップから自宅まで乗ってきた第一印象は、、、そもそもベースがレーサーレプリカなのでハンドルが低いw 2スト特有の半クラ多用で左手がガクガクw パワーバンドに入ると超鬼加速なのでがっつりニーグリップw トータルで言うと「非常に疲れそう」w でもやっぱ2スト250は面白いですーブンブ〜ン♪


都内ではリッターマシンだと我慢の走行を強いられますが、2スト250だとそれなりにブン回せます(つーか回さないとかぶっちゃうw)初給油でスタンドのオッチャンに「きれいに乗ってますね〜」と言われるものの、まぁ納車直後ですし、これから排気オイルまみれになるのですw やっぱハンドルは若干アップ気味&角度変更しないとオッサンには厳しいッスw



SOUL'd OUT : To All Tha Dreamers
あぁこれから梅雨だなぁ、、、ガレージでもあれば引き蘢ってパーツ磨きするのだが、、、w
  


Posted by アカトラ  at 18:45アカトラ

2017年05月18日

新作Tシャツ販売開始です♪

当方デザインの新作Tシャツ6種類が販売開始となりました♪ 皆様、よろしくメカドック♪


今回はちょっと変則的な販売になりまして、一部の種類は沖縄ミリカジさんでもお取り扱い致しますが、初回ロットは基本的に当店「エフイー・ミルサープ」での販売となります。ヤフオク!の方にも出品しておりますので、「かんたん決済」もご利用可能でございます〜♪






南ベトナム陸軍の特殊部隊関連パッチも入荷中でございます。後日販売致します〜♪


街で見掛けた電動アシストチャリですが、、、これを見て「おおおおお!」と思われた方は80年代のバイクブームを過ごされた方ですねw どうやらヤマハとタカラがコラボした電動ハイブリッド自転車「B PLUS」らしく、この「DT200Rカラー」は100台限定らしいです。


現車がまだ手元に無いというのに「スガヤ」の耐熱ステッカーを買ってしまいましたw SRSスガヤさんは現在「うるし紙」が本業となってしまったようですが、それでも一部の車種のチャンバーは現在もラインナップしているようです。VJ21A用は無くて残念。。。

神保町の古本屋でこんな写真集を購入しました。定価9,500円がなんと¥1,000円!w 20代の頃は渋谷のデザイン事務所に5〜6年ほど勤務しまして、その後は渋谷近辺に住み着いて約20年になります。ただでさえ変化の激しい渋谷ですが、駅周辺は現在再開発中でしてさらに凄い事になりそうです。若い頃はオサレさんが集う渋谷よりも、混沌としたデンジャラスな新宿の方が好きだったんですけどねぇ。まぁ、タモリ倶楽部の世界ですw



シェイプUPガールズ : 恋はメリーゴーランド(1995年)
気分は「大黒摩季」の「恋はメリーゴーランド」だったんですが、ようつべに無いようなので、しょーがなく「シェイプUPガールズ」の「恋はメリーゴーランド(カバー)」にしてみます。しかし、、、悲惨なまでにボーカルが下手だなw 大黒摩季だとカッコイイんだけどなぁw
  


Posted by アカトラ  at 18:58アカトラ

2017年05月16日

再び休業のお知らせ

これといってネタも無いので、いろいろ(愚痴も含め)グダグダと書いてみます。うぅ〜w


当店「エフイー・ミルサープ」は再び5/18(木)〜19(金)が終日不在となりますので両日の業務を休止致します。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
このところ当店「エフイー・ミルサープ」の営業が不安定となっておりますが、一部のお客様からもご心配の声をいただきましたので簡単にご説明しますと、理由は90歳になる「母親の介護」です。まぁ、私的な事ですので詳しくは書きませんが、一人っ子で今だ独身、父親は他界してますし、親類関係もみんな北海道、当方が上京してから30年近くは別居状態でしたので、基本的には病院や施設、行政任せになるのですが、それでも細かい事などは全て当方が対応しなければなりません。このところ週に何回かは病院まで片道2時間の道のりを往復しておりまして、頭では理路整然と考えるのですが、精神的にはやはりストレスがかかるようで、歯は痛くなるわ、吹き出物は出まくるわで非常に厄介ですw


先週の土曜日に「ウルフ250」を引き取りに行こうと思っていたのですが、狙ったかのようにまさかの雨w 精神的にも余裕が無かったので納車は延期となりました。。。バイクを買ったら「サービスガイド」と「パーツリスト」は必需品なので早速購入したのですが、フロント廻りはRGV250Γ(VJ21A)、リア廻りはRGV250Γ(VJ22A)、リアサスはRGV250Γ SPだったりと、この2冊だけでは把握しきれないのです。。。約30年前の2サイクルバイクとなると、ある程度は自分でメンテナンスできなければ「乗る資格が無い」とか思っちゃうのですが、技術うんぬんは別にして、都心のマンション住まいでは作業スペースや騒音などの問題でメンテナンスにも限界があります。。。せめてキャブレターのオーバーホールぐらいまでは自分でやりたいところなんですが、たぶんプラグ交換が関の山でしょうね、、、とは言ってもV型2気筒のプラグ交換はそれなりに面倒そうなんですがw 約30年前の2サイクルマシンに乗るという事はそれなりの「覚悟」が必要なんですよねぇ、、、がんばろうw


バイク用のケミカル関係もいろいろと買っておりまして、白いボトルは「ブルーパール」という洗浄&コーティング剤です。最近バイク業界では何かと話題の?「ホワイトベース」さんで購入(つーかココでしか売ってない?)です。効果のほどは下の動画をご覧下さい。つーか、「ウルフ250」は母親の介護問題が表面化する前に買ってしまったもので、、、どー考えてもバイクに乗って遊んでる場合じゃないんだけどなぁ、、、まぁ何とかなるかの48歳w




原チャリで信号待ちをしていると、横にリュックサックをしょった外国人のチャリンコ2人組が停まりまして、「ハ〜イ♪」と言うもんだからこちらも「ハ〜イ♪」と言ったものの信号が青になったのでそのまま発進。まぁたぶんアレはモルモン教の宣教師さんですよね? 都内ではよく見掛けます。しかし当方はドクロのスカジャンに迷彩パンツという、どこからどーみても「ろくでもないヤツ」だったと思うのですが、なぜ声を掛けてきたのでしょうか? 「このような人は我々が全うな道に導かねば!」とか思ったんですかね?w お気遣いThanks ! w
と、、、そんな出来事を書いていたら、デザイン学校時代のおぞましい事件を思い出しましたw 友人と二人で中央線沿線の某画材屋で買い物中に、いきなり見知らぬ中年夫婦に「デザイン学校の学生さん?」と声を掛けられまして、「有名なデザイナーさんを紹介してあげるからお茶でもしましょうよ♪」と言われてしまい、十代そこそこの二人は「おぉ! これはチャンスかも!?」などと思いホイホイと付いて行ってしまった訳ですが、行き着いた先はなぜか教会。。。そしていきなり「服を脱いで下さい」と言われ全裸に白い羽織一枚にさせられるのですw もう抵抗するどころか、何が何だか訳がわからず、されるがままに屋外へ連れ出されました。そこには両側が階段状になった腰丈ぐらいの「池」的なものがありまして、、、そうです。ただでさえクソ寒い真冬の時期にこの冷水の池に入らされたのですw そしてただ右から左に渡るだけか? と思いきや、頭を水中に押し込まれてブクブクブク、、、マジで殺されるかと思いましたwww そしてそれが何らかの洗礼だったのか修行だったのかはよくわかりませんが、なぜか中年夫婦からは感謝されて最後にお弁当をもらい帰路についたのでした。。。もうね、全く意味がわからないw 有名デザイナーはどこにいたんだよ!?ってな話で、ホント訳のわからない宗教は恐ろしい&関わらないでくれw



【IKZO】青森スタイル【PSY】
しかし、、、よく作るもんです。感心しますwww
  


Posted by アカトラ  at 17:54その他アカトラ