2018年04月21日

最近の衝動買い・・・

バイク乗りならウズウズしだす季節ですが、、、オッサンは春バテで体だりぃ〜w


木製(マホガニー?)の中古デスクトップモデルを2機ほど買ってみました。ダイキャスト製などの新品精密モデルは汚れや傷などを気にして箱から出すのも躊躇しますが、こういった中古の木製モデルは気兼ねなく飾れるのがいいですねw


F-14Aトムキャットは「VF-154(第154戦闘飛行隊)ブラックナイツ」仕様です。日本(厚木基地)でもお馴染みの飛行隊でしたが、F-14は退役して部隊は本土へ帰還しました。遂にCVW-5(第5空母航空団)も岩国に移転されましたねぇ。


こちらはF/A-18Dホーネットで「VMFA(AW)-225(第225海兵全天候戦闘攻撃飛行隊)バイキングス」仕様で、岩国基地にもローテーション配備(UDP)されていました。海兵隊のレガシーホーネットもF-35Cに機種転換するのでしょうか?


もう置き場所が無いっつーのに買ってしまうんですよね、、、つー事でとりあえず「ミンスク」の上に設置w スケール的には1/48でしょうか? 1/18のF/A-18Cは地震対策でワイヤー留めしてますが、こいつらはこのままだと落下確実だなぁw

★★★★★

たまたま入手した1992年頃の同人誌? 「SPECIAL FORCES INSIGNIA」です。マニア制作のものと思われますが、この当時はまだインターネットなどという便利なものは無かったので、こういった資料が情報源として重宝しましたねぇ。


ワープロ? とモノクロコピーを駆使したアナログ感、そして手描きのイラストが泣かせますw グラフィックデザインの世界も今はほぼ「Mac」ですが、こういった手作業で切り貼りして版下を作っていたあの頃の修行は一体何だったのか、、、w

★★★★★


小学・高校が同じだった友人と約30年ぶりに会いまして、ガキの頃は一緒にキハ80系「特急おおぞら」を追いかけた仲ですが、それから40年も経過すると会話が「L特急」ならぬ「エロ特急」でありまして、あぁ、お互い汚れた大人になりましたw

★★★★★

「2-STROKE JUNKIES」Tシャツも、種類/サイズによっては品切れの物がでてきております。追加生産も今のところ未定ですのでお買い求めはお早めに〜♪
お買い求めは下記のヤフオク・ブースまで♪

(cardshop_move/北海道札幌市)

★★★★★



鉄道公安官 OP/ED(1979年〜1980年)
エンディングの「ホームタウン急行」は和みますw お前はどこのわかめじゃ?w
  


Posted by アカトラ  at 01:01その他アカトラ

2018年04月17日

2-STROKE JUNKIES・Tシャツ/販売開始!

オリジナルブランド「M&T PROJECT」の「2-STROKE JUNKIES」シリーズTシャツが「ヤフオク」にて販売開始となりました。各社の2ストローク・マシンをイメージしたTシャツになります。少量生産品のため在庫切れの際はご容赦下さいませ。
※当商品は現時点において、各オートバイメーカー様の商標権及び著作権、意匠権等には抵触しない範囲内でのデザインと認識させていただいております。


企画/制作/デザイン : 有限会社アカトラ(東京都目黒区)
販売/商品管理/発送業務 : move(北海道札幌市)
お買い求めは下記のヤフオク・ブースまで♪

(cardshop_move/北海道札幌市)

★★★★★


最近はアマゾン・プライムビデオの海外ドラマ「ストライクバック : 極秘ミッション」を観ておりまして、現在シーズン4が進行中。制作国はイギリスがメインのようで内容も「英軍機密情報部」ですが、メインキャストの一人は元英軍SBS、もう一人は元米軍デルタという設定になっています。英軍だけではなく米軍も登場しますが、ユニフォームのレギュレーションなどがどーにもこーにもお粗末様で、、、英軍の方はよくわかりませんw 最初の方はイマイチかなぁ、、、と思って観ていたのですが、シーズンを追うごとにドンパチが派手になり制作予算も増えてきている印象です。しかし最近の映画/ドラマは実弾で撃ち合いしてるんじゃないか? と思えるほどのリアル感ですね、、、主人公は絶対に死なないパターンですがw 使用する銃器もグローバルな感じで楽しめますし、エロいシーンも非常に多いですw
ストライクバック(ワーナー海外ドラマ公式サイト)

★★★★★

コンバットマガジンを買ってきました♪ 最近は当方好みの内容が多くてよく購入しておりますが、LRRPの記事を読んでいて「あっ!やばい!」と動転してしまいましたw そういえば「LRRP」は1968年から「LRP」になるんだったという事を完全に失念していたのです。つまり当店で販売している(いた)オリジナルのLRPパッチの表記が、「LRP」ではなく「LRRP」になっていた事に今さらながら気付いてしまったのですorz しかしながらもはや後の祭りw ただパッチ自体には問題が無い(一部、想像的な組み合わせなどもありますがw)と思われますので、マニアの皆様には「あぁ、アカトラさん間違ってるなぁ」と思われながら購入していただいたのかと思うと大汗ダラダラですw いやぁ先入観というか思い込みというか、、、でもまぁそんな事もありますやね(いいのかそれで?w) あぁ、俺もまだまだ発展途上w

★★★★★



ABC - The Look Of Love(1982年)
サウンドもUKの ''ニューロマンティック'' から♪ しかしこの曲も耳タコだなぁw
  


Posted by アカトラ  at 15:10アカトラモーターサイクル

2018年03月11日

まさかの「3.11」稲妻フェスティバル

本日は「稲妻フェスティバル」へ行ってきました。通常であれば年末近くに開催されるイベントなんですが、今回は大阪開催が中止になったようでその替わりに? 東京開催となったようです。確定申告も無理矢理に終わらせてお台場へGo〜!

しかし、、、予想通りと言うべきか明らかに出店数は少なかったですし、気になるアイテムもあまりありませんでしたね。実物の軍物に関して言えば、米軍のソナーケースやBOX類、ドイツ軍のハンドグレネードケースぐらいだったでしょうか。。。


でもせっかく来たのだから何か買わなきゃなぁ〜? という義務感に駆られ「Schott」のスウェットジャケットを購入してみました。あくまでもライダースジャケットなどのインナーを想定しているようで、袖などは非常にタイトにできています。

そしてこの「おにぎり」マーク。わかる人にはわかると思うのですが、「AMAスーパーバイク」の旧マークをモチーフにしたデザインと思われます。中央の豹? は何を意味しているのかはよくわかりませんが、まぁとりあえずカッコイイと思いますw

でもって、自分でも着る事は着るのですが、当方のTシャツデザインの資料用として「エフ商会さん(テッドマン)」のTシャツを購入しました。ウチみたいな弱小メーカーではこんな多色刷りでクオリティの高い物は予算的に作れないですが、、、w

こちらは「エフ商会さん(テッドマン)」と皆様もお馴染みの「ファントムさん」がコラボしたTシャツのようです。白系のTシャツは滅多に着ない当方ですが、まぁあくまでも「資料用」ですし、たまには白系もいいかもかもw しかし4色刷りかぁ、、、w


以前からずーっと気にはなっていたのですが、なかなか買うまでには至らなかったブレンボの? 「ダイキャスト製ブレーキキャリパー・キーホルダー」を購入しましたw たぶん形状的に4輪用でしょうね。ゴム製のブレーキパッドも付いていますw

バイク用にステッカーもちょろっと購入。「SHOWA」は旧ロゴが無かったので「仮」で新ロゴを購入。旧ロゴの「Sunstar」はブレーキディスクなどのメーカーですが、歯ブラシなどでもお馴染みのあの「サンスター」のグループ企業なんです。


ちなみに同行の銀狼君は「東洋エンタープライズ」のMA-1型スカジャンを購入。通常価格はべらぼうに高いものなんですが、イベント価格という事で半額以下の超激安でしたw 俺も黒のALPHA MA-1を持っていなければ買ってたかもなぁ。

帰りは中野でステーキ食って帰ってきました。今時「くわえ爪楊枝」をする人間も珍しいですが、我々世代は映画「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファを見てますもので、、、「木枯らし紋次郎」ではないですw ちなみに私の横は「矢吹 丈」ですw

★★★★★

リニューアルした「コンバットマガジン」を買ってみました。長年に渡り見慣れてきたあの上部の「COMBAT」ロゴが無いのがちょっと寂しい気もしますが、これはこれでカッコイイと思います。次号も「ベトナム戦争大特集」らしく楽しみです〜♪

こちらはバイク(旧車?)雑誌の「ライフ・サイクル」です。今回はカワサキ特集のようで特に必要性も無かったのですが、初めて買った中型バイクの「KR250」が掲載されていたので思わず買ってしまいましたw 内容濃くてコスパも抜群ですね♪

★★★★★



Boyz II Men - Snow White(白い恋人達)
本日の銀狼クン車内放送は、、、最後の最後で桑田佳祐の「白い恋人達」がかかりどん底に突き落とされましたw しかしながらYoutubeにはフルバージョンが無いので、「Boyz II Menヴァージョン」でどうぞ♪ ん〜〜〜あんま良くないけどw
  


Posted by アカトラ  at 23:08その他アカトラモーターサイクル

2018年03月04日

ミリオタの部屋着(PFU)

今週はいろいろとスケジュールが立て込んでおりまして、さらに「稲妻フェスティバル」の前には確定申告を終わらせたいので早めのブログ更新でございますw
最近、iPhone5の調子が悪くなりまして、そろそろ買い替え時なんですかね。。。基本的にはPCがメインでスマホはほとんど使いこなしていないので、いわゆる「格安スマホ」とかでもいいんですが、、、スマホには全くコダワリがありませんw

★★★★★

M65フィールドジャケット用のライナーと共に「部屋着」として重宝しているのが1990年代の「PFU(PHYSICAL FITNESS UNIFORM)」です。まぁ、いわゆる「霜降り」カラーのスウェット上下なんですが、一般に市販されている物よりも上質というか、言葉では表現できませんが非常に着心地が良いです。パーカーは外出時にも普通に着用しており、完全な部屋着として言えばパンツの方ですかね。

つー事で今回はスウェットパンツのX-SMALLとMEDIUMが入荷しまして、共に袋入りのデッドストック未使用品です。サイズに関しては個人差があるので何とも言えないのですが、パンツは1サイズ大きめのような気がしておりまして、当方はパーカーがSMALL、パンツはX-SMALLを着用しております。欲を言えばフロントにポケットが付いていると便利なんですが、ポケットは一切付いておりません。。。


その他、新規入荷品です。久しぶりに大きめ(といっても7-1/8)のグリーンリーフ・ブーニーハットが入りました。タイガーはリプロ品(サムズさん製?)でしょうね。

★★★★★


昨日、やっとウルフ250をバイク屋さんに持ち込みました。そのとたんにこのポカポカ陽気、、、毎度毎度の事ですがなんてついてない俺w つー事で今回は細かい部分の修理&カスタムです。ニッシンのラジポンやら、ヘッドライトのマルチリフレクター化、ランプ類のLED化、ハザード追加、その他現物合わせでの切った貼ったの面倒な作業諸々w 状況によってはフロントフォークのOHが必要かもです。

最近、気になっているのがこのデグナー製の「本革ヒートガード付メンズデニムパンツ」です。たぶんプロテクターは外して使用するかと思いますが、伸縮するシャーリング付で、ニーグリップやヒートガードとして有効と思われる部分には本革が使用されています。当方の定番デニムはリーバイスの503なんですが、コイツはちょいと気になりますね。でもまぁ、実際に使用してみないと何とも言えませんが。
PHOTO : AMAZON
カップ付きデニムパンツ メンズ/ DENIM PANTS WITH CUP PROTECTION MENS(ネイビー) [DP-27-NV]

★★★★★

最近はストレス性の?ニキビが酷いのでマスクをする事が多々あるのですが、「シャークティースのマスクとかはないんか?」と思い探してみたところ、お手軽価格な物は有りそうで無いんですね。つー事で試しにフォトショップでシミュレーションしてみましたが、完全に「職質対象者」ですw ちなみに当方のメガネは偏光レンズでして、明るい場所ではサングラス状態、暗い場所では透明になるのですー。
PHOTO : シャークティース部分はネット上からの引用ですが、
問題が生じる場合はご連絡をいただければと思います。

★★★★★



ALEPH - FIRE ON THE MOON (ALEPH REMIX) (℗2017 / ©2018)
ファイヤー・オン・ザ・ムーン/アレフ(1987年)の2018年バージョン? でしょうか。もうチョイBPMが速い方(138ぐらい)がカッコイイと思うんだけどなぁw
  


Posted by アカトラ  at 17:24アカトラモーターサイクル

2018年03月02日

ブラックアウト!ブラックナイト!

今年に入ってからは本当にいろいろな事が起こります。感情的、身体的、物理的に様々な事象、変化、影響があり、自分でももはや何が何やらよくわかりませんw

★★★★★


黒のMA-1ですが、、、本来はプレーンの状態で着ようかと思っていたのですが、やはり「パッチ付けたい病」が発症してしまったようですw つー事で黒といえば1980年のイーグルクロー作戦で黒のM65フィールドジャケットを着用していた「デルタフォース(第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊)」が思い浮かびますが、今回は90年代仕様で黒のMA-1を「デルタフォース」仕様にしてみたいと思いますw


パッチはODのままの方がリアルといえばリアルなんですが、あまりにもパッチが主張しすぎるというか「浮いてしまう」ので、あえてレギュレーションを無視して黒染めする事にしました。染料は使い慣れている毎度毎度のタミヤ製アクリルカラーw 今回はMA-1がナイロン製なので通常の光沢ブラックにしてみました。こーやって並べてみるとODでも様々な色調が存在するのだと改めて感じますね。。。


つー事で溶剤を混ぜて、ある程度シャバシャバ状態にして染色開始です。ただこれだけではなかなか真っ黒にはならなかったので、一度乾かした上でさらに原液を重ね塗りしました。どーもポリエステル混合の生地には塗料が染み込みづらいようです。。。やはり基本的には専用の染色用染料を使用した方がいいですね。アクリルカラーは多めに5個を用意したのですが実際には4個を使用しました。


こんな感じで黒くなりましたが、さらにアイロンをかけると色が定着しそう(な気がした)ので、アイロンをかけて染色完了♪ なかなかいい感じではないでしょうか。あとはMA-1に縫い付けるだけです。MA-1は頻繁にクリーニングする事もないかと思われますが、もし色落ちした場合でも改めてアクリルカラーを塗るか最悪は油性の黒マジックで上塗りしてもいいかもしれませんw 何ぶん色が黒ですのでw


つー事で完成♪ 一見真っ黒でありながらよーく見るとパッチが付いているのが個人的にカッコイイと思うのですがいかがでしょうか?w 基本的なレギュレーションは守りつつも、実際には存在しない(と思われる)カスタムには賛否両論あるかと思われますが、あくまでも民間人のシティーユース用なのでこういった楽しみ方もアリじゃないかと思うワケです。マニュアル通りだけじゃ面白くないですしねーw


左肩は大尉の階級章とSPECIAL FORCESタブ、RANGERタブ、そして陸軍特殊作戦コマンドのSSI(部隊章)です。陸軍特殊作戦コマンドは1989年に創設されデルタフォースを隷下部隊としています。左胸には戦闘歩兵章(2nd)と空挺章(マスター)、U.S.ARMYテープ下には先導降下員章(パスファインダー)です。当初は戦闘空挺章にしようかと思っていたものの、手持ちが無かったので通常のマスターでお茶を濁しました。まぁどっちみち真っ黒けですしw スキューバダイバー章も付けようか迷ったもののバランスを重視して今回はスルーしました。


右肩は大尉の階級章と特殊部隊のSSI、そしてリバースではない米国パッチです。右胸にはドイツ連邦軍(1990年10月2日までは西ドイツ連邦軍)の空挺章と「MULLER」のネームテープです。右胸に外国軍のスキル徽章を着用できるのが何年までなのかが把握できていないのですが、1989〜1990年のパナマ侵攻時にはすでに着用していないように感じられます。従いまして陸軍特殊作戦コマンドの創設が1989年ですので、このドイツ連邦軍の空挺章の着用はレギュレーション的に無理があるかもしれません、、、でもまぁ、デカくてカッコイイでそ?w

★★★★★

ほぼ10年前の雑誌なんですが、ブックオフにて200円で買ってきましたw 実は近日中にTシャツなどにおけるプリントのデザインに関して、著作権・商標権・意匠権等の相談で弁理士事務所へ行くので資料として購入したのです。知的所有権関係は非常にグレーゾーンが多く、最終的には裁判をやってみないと判断がつかないという部分も多々ありますので、やはり専門家にアドバイスをいただく事にしました。米軍関係であれば、基本的には「パブリックドメイン」なので特に問題は無いのですが、民間企業や自衛隊などではいろいろと権利が絡みそうでして、大昔に自衛隊のTシャツを製作した際などにはやはり「ちゃんと許可取って作ってんのか!?」などのご指摘が数件ございました。まぁ、正式に防衛省/自衛隊から許可をいただいたワケではなかったのですが、一応は事前に防衛省(当時は防衛庁)に相談しまして最終的に販売をしても問題は無いであろうとの当方の判断により製作しました。防衛省職員といえども基本的には「お役人様」ですからね、、、公式に言える事と言えない事がある訳でして、その辺の経緯は企業秘密ですw

★★★★★


前回、「前編」だけを観てイマイチだったなぁと感じた映画「僕等がいた」ですが、一応は「後編」も観ておくか、、、と思い観始めたら「前編」とはうって変わってドロッドロの展開w もう釧路とかは関係無く普通に見入ってしまいましたw つーか生田斗真が毒親に翻弄され、人生も崩壊し精神的にやられていく様が予想外に自分とダブりましたねw まぁそれでも最終的にはハッピーエンドで終わるのですが、今年50歳の私には未だにハッピーエンドの「ハ」の字の左の棒すら見えませんw

★★★★★



Deep Purple : Black Night
黒(ブラック)といえばやはりコレですね、、、AlephのBlack outと迷いましたがw
  


Posted by アカトラ  at 16:36その他アカトラ